市場ニュース

戻る

【特集】買い局面を迎えた【25日線上抜け】低PER銘柄 40社 <テクニカル特集> 1月14日版

セコム <日足> 「株探」多機能チャートより
 14日の東京株式市場は、日経平均株価が大きく買い優勢に傾き、先物へのショートカバーなどを絡め上げ足を加速、上げ幅は一時520円あまりに達した。現地時間14日にバイデン次期米大統領が追加経済対策の発表を予定しており、これに期待する買いが広範囲に入った。ただ、前場に全体相場の上げを先導した半導体関連株が後場後半に崩れ、日経平均は上げ幅を急速に縮める展開。TOPIXの上げ幅は8ポイント台にとどまった。全体売買代金は3兆2000億円台と大きく膨らみ、昨年11月末以来の高水準だった。日経平均終値は前日比241円高の2万8698円と5日続伸。東証1部の値上がり銘柄数は1000、値下がり銘柄数は1090、変わらずは98。

 本特集では、東証1部銘柄の中で株価が25日移動平均線を上抜いた銘柄に注目。その中から予想PERが東証1部平均の 28.44倍を下回る上昇余力があるとみられる40社をピックアップしました。

※移動平均線が下降から上昇に転じる過程で株価が上に突き抜ける時は、重要な買いの局面となる(グランビルの法則)。

 ⇒⇒ 2部・新興市場を含めた全銘柄版「25日線上抜け」も、併せてご活用ください。

    銘柄名     PER PBR
<8091> ニチモウ     4.8  0.42
<8368> 百五銀      7.4  0.22
<1867> 植木組      8.5  0.43
<1801> 大成建      9.1  0.99
<2924> イフジ産業    9.6  1.09
<1803> 清水建      9.7  0.79
<8057> 内田洋      11.1  1.13
<4674> クレスコ     11.2  1.48
<7723> 愛時計      11.3  0.73
<1810> 松井建      11.5  0.57

<5232> 住友大阪     12.2  0.62
<7466> SPK      12.2  0.71
<2296> 伊藤米久HD   12.8  0.87
<9274> 国際紙パルプ   13.5  0.47
<6345> アイチコーポ   14.1  1.02
<9743> 丹青社      14.3  1.37
<6718> アイホン     15.3  0.56
<9303> 住友倉      15.4  0.64
<4578> 大塚HD     16.0  1.31
<2681> ゲオHD     16.3  0.69

<9075> 福山運      17.2  0.82
<4763> C&R      17.5  2.50
<9025> 鴻池運輸     17.5  0.54
<9742> アイネス     17.6  0.89
<3076> あいHD     17.7  1.99
<6744> 能美防災     18.5  1.41
<3001> 片倉       18.8  0.83
<8051> 山善       18.9  0.99
<4694> BML      19.8  1.77
<8798> Aクリエイト   20.9  3.73

<2487> CDG      21.6  1.69
<3376> オンリー     22.0  0.33
<2331> ALSOK    22.3  2.17
<3544> サツドラHD   23.4  1.10
<4839> WOWOW    23.4  1.20
<6750> エレコム     23.6  3.29
<2376> サイネックス   24.3  0.54
<8252> 丸井G      25.3  1.28
<9735> セコム      27.5  2.07
<4452> 花王       28.3  4.36


※当情報は参考資料・データとして提供しております。売買に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。

株探ニュース

日経平均