市場ニュース

戻る

【材料】デザインワンが一時20%高、第1四半期は営業減益も通期予想を上回る

デザインワン <日足> 「株探」多機能チャートより
 デザインワン・ジャパン<6048>が急伸し一時、前日比40円(19.5%)高の245円に買われている。13日の取引終了後に発表した第1四半期(9~11月)連結決算は、売上高4億6200万円(前期比10.3%減)、営業利益5800万円(同33.5%減)と減益となったものの、通期計画の営業利益を上回ったことが好感されている。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、有料掲載店舗数が減少し減収減益を余儀なくされたが、DXソリューション事業の売り上げ増加に加えて、原価低減及びエキテン運営関連費の抑制を図ったことで、営業利益は6~8月期より増加した。なお、純利益は投資有価証券売却益の計上などが寄与し1億600万円(同73.0%増)となった。

 なお、21年8月期通期業績予想は、売上高18億1500万円(前期比5.7%減)、営業利益500万円(同97.5%減)、純利益6400万円(同58.1%減)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均