市場ニュース

戻る

【材料】アイケイが大幅反発、生協ルートの食品売上伸び上期営業利益は2.9倍

アイケイ <日足> 「株探」多機能チャートより
 アイケイ<2722>が大幅反発している。13日の取引終了後に発表した第2四半期累計(6~11月)連結決算が、売上高110億9100万円(前年同期比25.9%増)、営業利益5億3400万円(同2.9倍)、純利益3億2300万円(同2.9倍)と大幅増益となったことが好感されている。

 BtoC事業のテレビショッピングで「スピードヒート」「ステップエイト」などがヒット商品となり売上高を牽引したほか、BtoBtoC事業で外出することなく買い物ができる生協ルート及び通販ルートでの食品類の売り上げが好調に推移した。

 なお、21年5月期通期業績予想は、売上高198億4600万円(前期比7.4%増)、営業利益8億400万円(同36.3%増)、純利益5億600万円(同31.8%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均