市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:PRTIME、モノタロウ、安川電

PRTIME <日足> 「株探」多機能チャートより
■PR TIMES <3922>  4,490円  +700 円 (+18.5%) ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率3位
 PR TIMES<3922>がストップ高の4490円に買われている。12日の取引終了後、21年2月期の単独業績予想について、売上高を33億5700万円から37億7000万円(前期比30.7%増)へ、営業利益を7億5700万円から13億7500万円(同2.7倍)へ、純利益を7億700万円から10億8500万円(同4.0倍)へ上方修正したことが好感されている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う20年4月の緊急事態宣言発令の影響で、プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の利用機会は一時的に減少したものの、「マスク」「消毒液」といった新型コロナウイルス関連やテレワーク関連などのプレスリリースの発信が多くあったことが寄与した。また、6月以降のプレスリリース件数がコロナ禍以前の成長率を取り戻し、10月には過去最高の月間2万1746件を記録するなど好調に推移したことも貢献する。同時に発表した第3四半期累計(3~11月)決算は、前年同期は連結業績を開示していたため比較はないものの、売上高27億6900万円、営業利益11億300万円、純利益9億2600万円だった。

■技研製作所 <6289>  4,970円  +700 円 (+16.4%) ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率4位
 技研製作所<6289>がストップ高。油圧式杭圧入引抜機のトップメーカーで地下駐車場の施工などでも高実績を有する。12日取引終了後に発表した21年8月期第1四半期(20年9~11月)決算は営業利益が前年同期比2.9倍の12億6300万円と急拡大、上期計画の13億円に対する進捗率は97%に達した。杭圧入機「サイレントパイラー」をはじめ大型特殊機の販売が好調で収益に大きく貢献している。想定を超える決算がポジティブサプライズとなり、物色人気に拍車をかけている。

■トランザクション <7818>  1,043円  +86 円 (+9.0%)  11:30現在
 トランザクション<7818>が大幅に4日続伸となっている。同社は12日取引終了後に、21年8月期第1四半期(20年9~11月)の連結決算を発表。営業利益は前年同期比33.3%増の8億8700万円となり、上半期計画10億1400万円に対する進捗率は87.5%となった。売上高は同7.7%増の48億4100万円で着地。エコバッグの売り上げが引き続き好調だったほか、除菌アルコールスプレーや布製マスクといったウイルス感染対策製品の販売も伸長した。なお、上半期及び通期の業績予想は従来計画を据え置いている。

■MonotaRO <3064>  5,540円  +310 円 (+5.9%)  11:30現在
 MonotaRO<3064>が大幅高で3日ぶりに反発している。12日の取引終了後に発表した12月度の月次業績で、売上高が前年同月比26.6%増となり、11月の同17.1%増を上回る増収基調となったことが好感されている。

■日本郵船 <9101>  2,698円  +116 円 (+4.5%)  11:30現在
 日本郵船<9101>が前日比100円を超える上昇で昨年来高値を更新したほか、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>など海運株が軒並み高に買われた。業種別騰落率で海運セクターは東証1部33業種中、値上がり率上位3傑に入っている。新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済への影響は懸念されるものの、米政府が接種を広めるため前倒し的に新型コロナワクチンを全量放出する方針が伝わるなど、ワクチン普及への期待感も高まっている。グローバル物流についてはコンテナ船市況が改善傾向をみせているほか、ばら積み船市況もバルチック海運指数が前日まで10日続伸し、昨年10月初旬以来の1800台に乗せるなど回復色が鮮明で、海運株の上昇を後押ししている。

■国際石油開発帝石 <1605>  643円  +25 円 (+4.1%)  11:30現在
 国際石油開発帝石<1605>や石油資源開発<1662>など石油関連株が高い。12日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の2月限が前日比0.96ドル高の1バレル=53.21ドルと値を上げた。バイデン次期大統領は14日に追加経済対策を発表する見込みであり、景気回復期待から原油に見直し買いが流入。これに伴い、石油関連株が買われている。

■レーザーテック <6920>  15,000円  +550 円 (+3.8%)  11:30現在
 レーザーテック<6920>が4連騰で連日の上場来高値更新。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動の規制に伴い景気回復の遅れが再び懸念されているが、半導体市場についてはコロナ禍でも需要の増勢基調に変化はなく、むしろ企業のリモートワークへのシフトが半導体需要を喚起する方向にある。そうしたなか、同社株にはファンド系資金とみられる大口の実需買いが続いている。半導体の高集積化が進むに従い世界の大手半導体メーカーが次世代技術であるEUV(極端紫外線)露光装置導入を本格化させており、同社はEUV向けフォトマスク検査装置を提供できるオンリーワン企業として、引き続き国内外機関投資家の注目を集めている。

■安川電機 <6506>  5,560円  +140 円 (+2.6%)  11:30現在
 安川電機<6506>が反発している。12日の取引終了後、21年2月期の連結業績予想について、売上高を3668億4600万円から3809億3700万円(前期比7.3%減)へ、営業利益を222億9400万円から271億9100万円(同12.4%増)へ、純利益を155億1000万円から180億5300万円(同15.9%増)へ上方修正したことが好感されている。第3四半期に入り、中国でのニューインフラ関連の需要増加やグローバルで半導体・電子部品市場が好調に推移したことにより、ACサーボ・コントローラ事業で想定より強い回復がみられることが要因。また、ロボット事業も中国を中心とした自動車市場の回復や自動化ニーズの拡大を背景に回復基調にあることも寄与する。なお、同時に発表した第3四半期累計(3~11月)決算は、売上高2799億3700万円(前年同期比9.6%減)、営業利益200億4100万円(同4.8%増)、純利益143億3700万円(同4.0%増)だった。

■マニー <7730>  2,941円  +68 円 (+2.4%)  11:30現在
 マニー<7730>が5日続伸している。12日の取引終了後に発表した第1四半期(9~11月)連結決算が、売上高41億9900万円(前年同期比3.4%減)、営業利益14億300万円(同0.1%増)、純利益9億8400万円(同6.3%減)となり、営業利益は微増だったものの、上期予想に対する進捗率が61%と順調なことが好感されている。新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、病院での手術が制限されたことでサージカル関連製品やアイレス針関連製品が落ち込み減収となった。ただ、前年同期に発生したベトナム工場火災による生産非効率が解消されたほか、中国向けデンタル関連製品が伸長したことが寄与した。なお、21年8月期通期業績予想は、売上高175億4200円(前期比15.4%増)、営業利益56億4300円(同30.0%増)、純利益37億8400円(同13.7%増)の従来見通しを据え置いている。

■スタジオアリス <2305>  2,006円  +32 円 (+1.6%)  11:30現在
 スタジオアリス<2305>が堅調な動き。12日の取引終了後に発表した第3四半期累計(3~11月)連結決算が、営業利益38億3800万円(前年同期比19.5%増)、純利益20億5600万円(同15.8%増)となり、営業利益が通期計画を上回ったことが好感されている。新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受け、売上高は273億6400万円(同9.8%減)と減収だったものの、春の緊急事態宣言解除後に持ち直したことで写真事業、衣装製造卸売事業ともに採算が改善した。なお、21年2月期通期業績予想は、売上高347億円(前期比10.7%減)、営業利益21億円(同35.3%減)、純利益6億円(同50.4%減)の従来見通しを据え置いている。また、同時に発表した12月度売上高は前年同月比9.3%増と3カ月連続で前年実績を上回っており、これも好材料視されている。

■BASE <4477>  10,300円  +160 円 (+1.6%)  11:30現在
 BASE<4477>が3日続伸している。12日の取引終了後、メディアプラットフォーム「note(ノート)」を運営するnote(東京都港区)と資本・業務提携したと発表しており、これが好感されている。今回の提携は、「note」を利用するクリエイター並びに「BASE」加盟店のファン形成・集客・販路の拡大などを図るのが狙い。まずは「note」を活用して商品やブランドの背景にあるストーリーや作り手の思いを発信し、発信した情報に共感したファンが「BASE」で開設されたネットショップで商品を購入する流れをスムーズにする機能開発を共同で進めるとしている。なお、業績への影響は軽微としている。

■コシダカHD <2157>  398円  -27 円 (-6.4%)  11:30現在  東証1部 下落率5位
 12日に決算を発表。「上期経常を一転赤字に下方修正、上期配当も2円減額修正」が嫌気された。
 コシダカホールディングス <2157> が1月12日大引け後(15:30)に決算を発表。21年8月期第1四半期(9-11月)の連結経常損益は7.9億円の赤字(前年同期は11.7億円の黒字)に転落した。業績悪化に伴い、今期の上期配当を従来計画の4円→2円に大幅減額し、従来4円を計画していた下期配当を未定に変更した。
  ⇒⇒コシダカHDの詳しい業績推移表を見る

■クリエイトS <3148>  3,755円  -110 円 (-2.9%)  11:30現在
 クリエイトSDホールディングス<3148>は続落している。12日の取引終了後、21年5月期の連結業績予想について、売上高を3337億円から3383億3000万円(前期比5.9%増)へ、営業利益を165億2000万円から178億6000万円(同0.4%増)へ、純利益を112億9000万円から123億円(同0.4%増)へ上方修正し、これを受けて朝方は高く始まったものの、買い一巡後は材料出尽くし感から利益確定売りに押される展開となっている。上期において、新型コロナウィルス感染症の影響による感染症予防対策商品の需要が増加したことや、外出抑制に伴う食品などの伸長で物販売上高が大幅に伸長したことが要因。また、「3密防止」の観点から販促企画を縮小したことによる販売促進費の減少や、人時コントロールによる人件費の増加抑制、水道光熱費の削減などに努めていることも寄与する。なお、同時に発表した第2四半期累計(6~11月)決算は、売上高1686億7100万円(前年同期比10.0%増)、営業利益96億8300万円(同37.5%増)、純利益67億3100万円(同37.0%増)だった。

■旭化学工業 <7928>  875円  +150 円 (+20.7%) ストップ高買い気配   11:30現在
 旭化学工業<7928>は人気集中、上昇加速局面に入った。前日は1本値でストップ高に買われたが、きょうも大量の買い注文に値がつかず気配値を切り上げる展開となっている。工業用プラスチックの成型・加工を手掛けるが、自動車向け需要が新型コロナウイルスの影響を背景に後ろ倒し的に急増しているほか、巣ごもり関連商品の拡大に伴い電動工具向けも大きく伸びており、足もとの収益に反映されている。12日取引終了後に発表した21年8月期第1四半期(20年9~11月)決算は営業利益が前年同期比8.3倍の2億1400万円と高変化を示しており、これが株価を押し上げる手掛かりとなっている。

■三光合成 <7888>  478円  +80 円 (+20.1%) ストップ高買い気配   11:30現在  東証1部 上昇率トップ
 三光合成<7888>はストップ高の478円水準でカイ気配となっている。12日の取引終了後、21年5月期の連結業績予想について、売上高を510億円から530億円(前期比4.5%増)へ、営業利益を8億円から20億円(同2.9倍)へ、純利益を2億円から9億円(前期4億600万円の赤字)へ上方修正したことを好感した買いが入っている。成形品部門で中国及び北米の車両部品の受注増加があったほか、金型部門で欧州、タイ及びインドネシアなどの受注が増加したことが要因。また、労務費や各種経費の削減活動、設備投資の抑制なども寄与した。なお、同時に発表した第2四半期累計(6~11月)決算は、売上高267億3800万円(前年同期比7.4%減)、営業利益13億9900万円(同2.2倍)、純利益7億4400万円(同3.0倍)だった。

■エヌ・ピー・シー <6255>  1,016円  +150 円 (+17.3%) ストップ高   11:30現在
 エヌ・ピー・シー<6255>がストップ高。太陽電池製造装置メーカーで米国での顧客開拓で実績が高い。米国では1月20日に就任予定のバイデン次期米大統領が再生可能エネルギーなど環境インフラへの巨額投資を政策骨子に掲げていることから同社に追い風が強いとみられている。足もとの業績は苦戦しているが、12日取引終了後に発表した21年8月期第1四半期(20年9~11月)決算は営業損益が1億7400万円の黒字(前年同期実績は600万円の赤字)に浮上、対上期進捗率も67%に達しており、株価にはポジティブに働いた。株式需給に目を向けても、日証金では貸し株が融資を上回る状況で取り組み妙味が指摘されている。

●ストップ高銘柄
 新コスモス電機 <6824>  2,781円  +500 円 (+21.9%) ストップ高   11:30現在
 助川電気工業 <7711>  750円  +100 円 (+15.4%) ストップ高   11:30現在
 ヤマト・インダストリー <7886>  760円  +100 円 (+15.2%) ストップ高   11:30現在
 など、8銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

日経平均