市場ニュース

戻る

【材料】進和が続落、国内有力調査機関は「ニュートラル」に引き下げ

進和 <日足> 「株探」多機能チャートより
 進和<7607>が続落。東海東京調査センターは22日、同社株のレーティングを「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に引き下げた。目標株価は2140円(前回2250円)とした。同調査センターでは、21年8月期業績を売上高は前年比11.2%減の605億円、営業利益は同27.6%減の35億円(会社予想34億円)と試算。前回予想の売上高665億円、営業利益44億円から引き下げた。今期は大口案件の端境期であること、コロナ禍で営業活動が滞ったこと、主要顧客である自動車業界の設備投資が前年比減少を見込むことなどから減収減益となるとみている。これを受け、レーティングも見直している。

出所:MINKABU PRESS

日経平均