市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は186円安、やや軟調

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は186円安(13時30分現在)。日経平均寄与度では、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、中外薬<4519>などがマイナス寄与上位となっており、ソフトバンクGが1銘柄で49円程押し下げている。一方、東エレク<8035>、オリンパス<7733>、テルモ<4543>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、鉄鋼、非鉄金属、輸送用機器、鉱業、ゴム製品が値下がり率上位となっており、精密機器が値上がりしている。

日経平均はマイナス圏でやや軟調な動きとなっている。ダウ平均先物が方向感の定まらない動きとなったことに加え、上海総合指数や香港ハンセン指数が下げていることなどが、午場の東京市場の重しとなっている。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均