市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(1):アスクル、アイル、JR東日本

アスクル <日足> 「株探」多機能チャートより
■アスクル <2678>  4,035円  +370 円 (+10.1%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
 アスクル<2678>が急騰。16日の取引終了後、21年5月期の連結業績予想について、売上高を4030億円から4063億円(前期比1.5%増)へ、営業利益を72億円から92億円(同4.3%増)へ、純利益を45億円から50億円(同11.5%減)へ上方修正したことが好感された。主力のBtoB事業で、eコマース市場拡大に伴う客数の増加などによる売上高の増加に加えて、特需的な要因も含めた感染対策商品の売り上げ拡大とそれに伴うカテゴリミックスの変化及び原価低減施策などによる売上総利益率の向上が寄与。また、売上高の回復に伴う物量の増加とそれに伴う物流生産性の回復なども貢献した。なお、同時に発表した第1四半期(5月21日~8月20日)決算は、売上高1001億8000万円(前年同期比2.3%増)、営業利益29億9000万円(同2.0倍)、純利益15億200万円(同65.0%増)だった。

■コーセル <6905>  1,053円  +65 円 (+6.6%)  本日終値
 コーセル<6905>が9連騰。16日の取引終了後に発表した21年5月期第1四半期(6~8月)の連結決算は、売上高67億9300万円(前年同期比17.4%増)、経常利益11億100万円(同5.7倍)に拡大しており、これを好感する買いが入った。新型コロナウイルス感染症の拡大を見越した前期末の先行発注による受注残の消化などで、日本生産販売事業でユニット電源やオンボード電源の販売が大きく伸びたことが寄与。また、人件費の削減や経費節減による収益力の向上も大幅増益につながった。第1四半期経常利益は上期計画(10億7000万円)を既に超過しており、業績上振れが期待される。

■アイル <3854>  1,499円  +88 円 (+6.2%)  本日終値
 アイル<3854>が急反発。岩井コスモ証券は16日、同社株の投資判断「A」を継続するとともに、目標株価を1500円から1800円に引き上げた。同社は販売在庫管理システムの開発・提供をメインとしている。20年7月期は消費税改定やウィンドウズ更新による特需を捉え、連結営業利益は前の期比78.8%増の17億円と大幅増益となった。21年7月期は特需のはく落の影響で、同利益は前期比29.4%減の12億円が予想されている。しかし、同証券ではDXニーズは高いとみて、今期の同利益は13億7500万円へ増額修正されると予想。22年7月期は16億5000万円への増益を見込んでいる。

■東海東京 <8616>  282円  +11 円 (+4.1%)  本日終値
 東海東京フィナンシャル・ホールディングス<8616>が3日ぶりに大幅反発。16日の取引終了後、従来未定としていた21年3月期の上期配当を8円(前年同期は4円)実施する方針と発表しており、これを好感する買いが入った。普通配当6円に、グループ誕生20周年記念配当2円を上積みするという。なお、下期配当は引き続き未定とした。

■栄研化学 <4549>  2,118円  +57 円 (+2.8%)  本日終値
 栄研化学<4549>は続伸。16日取引終了後、未定としていた中間配当を前年同期比2円増の15円とすると発表したことが好感された。期末配当は未定としている。同社の第1四半期(4~6月)は減益決算だったが、新型コロナウイルス検出試薬の販売増などが期待されている。

■サイボウズ <4776>  3,200円  +50 円 (+1.6%)  本日終値
 サイボウズ<4776>が続伸、9月初旬から中旬にかけていったん売りに押される場面があったが、大口資金が下値を拾いその後は戻り足を強めている。日足一目均衡表も雲抜けが目前でテクニカル的にも追随買いを誘発している。中小企業を中心にグループウェアを提供し業務効率化のニーズを取り込むことに成功、パッケージソフト及びクラウドサービスを軸に成長路線を走る。今月24日にマザーズに新規上場する法人向けクラウドサービスのトヨクモ<4058>は人気化が予想されており、サイボウズは60万株を保有する第2位の大株主。上場時に20万株を売り出す予定だが、今後はその含み益も注目されそうだ。

■JR西日本 <9021>  5,407円  -319 円 (-5.6%)  本日終値  東証1部 下落率7位
■JR東日本 <9020>  6,578円  -322 円 (-4.7%)  本日終値
 JR東日本<9020>やJR西日本<9021>が安い。両社は16日取引終了後に、未定としていた21年3月期の業績予想を公表し、連結純損益がJR東日本は4180億円の赤字(前期は1984億2800万円の黒字)、JR西日本は2400億円の赤字(同893億8000万円の黒字)と大幅損失を計上することを明らかにした。今期配当もJR東日本が前期比65円減の100円、JR西日本も同82円50銭減の100円と大幅減配の見通しだ。新型コロナウイルス感染拡大の影響による鉄道収入の減少などが響く。この発表を受けJR東海<9022>も下落したほか、東急<9005>や東武鉄道<9001>、京王電鉄<9008>といった大手私鉄も連想売りで値を下げるなど、電鉄株が軒並み安となった。

■レーザーテック <6920>  8,640円  -300 円 (-3.4%)  本日終値
 レーザーテック<6920>、アドバンテスト<6857>など売りに押される展開。前日の米国株市場ではNYダウはプラス圏で着地したもののハイテク株比率の高いナスダック総合指数は反落となり、特にエヌビディアやアプライドマテリアルズなど半導体関連株の一角が売られフィラデルフィア半導体株指数(SOX)も反落した。外国為替市場では一時1ドル=105円を割り込むなど円高方向に振れており、これも株価に逆風となっている。もっとも、株式需給面では今週に入ってから、実需の売り圧力が後退しており、値ごろ感から押し目買いも観測されるようになっている。

株探ニュース

日経平均