市場ニュース

戻る

【市況】東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は反落、アズーム、アーキテクツが売られる

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 31日前引けの東証マザーズ指数は前日比13.95ポイント安の958.04ポイントと反落。値上がり銘柄数は39、値下がり銘柄数は278となった。

 個別ではアズーム<3496>、アーキテクツ・スタジオ・ジャパン<6085>、HANATOUR JAPAN<6561>、ブライトパス・バイオ<4594>、バリューデザイン<3960>は値下がり率上位に売られた。

 一方、ツクルバ<2978>がストップ高。ロコンド<3558>、ラクス<3923>、Jストリーム<4308>、ミンカブ・ジ・インフォノイド<4436>、フィードフォース<7068>は年初来高値を更新。プレシジョン・システム・サイエンス<7707>、SREホールディングス<2980>、ドリコム<3793>、みらいワークス<6563>、カオナビ<4435>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

日経平均