市場ニュース

戻る

【市況】21日の株式相場見通し=続伸、米ナスダックの大幅高・最高値受けリスクオン

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 21日の東京株式市場は、リスクを取る動きが優勢となり日経平均株価は続伸が予想される。前日の米国株市場では主要株指数が揃って上昇したが、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数の上昇が顕著で260ポイントあまりの大幅高となり史上最高値を更新した。また、半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数も終値で初めて2100台に乗せ史上最高値を更新しており、これを受けて東京市場でも半導体関連などを中心に広範囲に買いが流入しそうだ。一方、今週から主要企業の決算発表がスタートし、これを見極めたいとの思惑や新型コロナウイルスの感染状況などを横目に、買い一巡後は神経質な展開となる可能性もある。

 20日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比8ドル92セント高の2万6680ドル87セントと3日ぶり小幅反発。ナスダック総合株価指数は、同263.902ポイント高の1万767.092と大幅続伸した。

 日程面では、きょうは6月のCPI、6月の白物家電出荷額、6月の食品スーパー売上高、6月の全国百貨店売上高など。海外では豪中銀が金融政策決定会合の議事要旨発表など。

出所:MINKABU PRESS

日経平均