市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月5日版

NYダウ、週明け後に上昇する場合、上げ幅の大きな動きになる可能性
1.NYダウの1営業日の変動幅の目安
 図1は、2013年以降の NYダウが陽線引けした日の1営業日の変動幅を示しています。
 表の左から順番に「年」、「その年の日足が陽線引けした回数」、「陽線引けした日に高値から安値までの値幅が50ドル幅以下だった日の回数」、「50~100ドル幅の範囲だった日の回数」、「100~200ドル幅、200~300ドル幅、300~400ドル幅、400~500ドル幅、500~600ドル幅、600~700ドル幅、700ドル幅以上だった日の回数と割合」を示しています。
図1 NYダウの1営業日の上げ幅
【タイトル】
 図1を見ると2013年以降、陽線引けした日の50%、2営業日に1回の割合で、高値から安値までの値幅が100~200ドル幅になっていることがわかります。
 2018年以降、値動きが極端に激しくなっていますが、それでもほとんどが100~200ドルの値幅の動きとなっています。通常、陽線引けする日の大部分(70%以上)が50~200ドル、または100~300ドルの値幅の範囲内となっています。
 2018年以降、変動幅が大きくなっている原因は、100~200ドル幅以上の値幅になった日の変動幅が、より大きくなることで表れています。
2. NYダウは上昇の初期に1営業日の上げ幅が大きくなっている
 図2と図3は、2019年6月以降のNYダウ日足です。図には300ドル幅以上の動きになった日の日付と値幅を記入しています。
図2 NYダウ日足、2019年6~9月の押し目をつける場面
【タイトル】
図3 NYダウ日足、2019年10月以降の押し目をつける場面
【タイトル】
 2019年は100~300ドル幅の値幅となった日が全体の74%となっています。300ドル幅以上だった日が極端に大きく動いた日になります。
 300ドル幅以上の変動幅となった日を見ると、大きく下げて押し目をつけた後、反発を開始する初期段階で、以前の戻り高値を超える前の動きの中で表れていることがわかります。
 極端に大きな値幅の動きは、押し目をつけた後の上昇の初期段階で表れています(今回は確認しませんが、一般的には上昇の最終局面でも表れやすいと考えられています)。
 図4は、2020年3月に押し目をつけた後のNYダウ日足です。図には700ドル幅以上の値動きとなった日の日付と値幅を記入しています。本年は(特別に値動きの激しい年のため)、押し目底をつけて、反発を開始する場面で700ドル幅以上の動きが表れていることがわかります。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均