市場ニュース

戻る

【市況】マザーズ指数は6日ぶり反落、日経平均軟化で利益確定売り、ITbookなどストップ高/マザーズ市況

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

 本日のマザーズ市場では、米株高の流れを引き継いで朝方買いが先行し、マザーズ指数は取引時間中の年初来高値を連日で更新した。ただ、米中対立への懸念から日経平均がマイナス転換すると、マザーズ市場でも利益確定の売りが広がった。日経平均が一転プラスに切り返すとマザーズ指数も下げ渋ったが、結局マイナス圏で取引を終えた。なお、マザーズ指数は6日ぶり反落、売買代金は概算で2170.56億円。騰落数は、値上がり131銘柄、値下がり183銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のアンジェス<4563>が小安い。バイオ・ヘルスケア関連株に利益確定の売りが出て、売買代金上位のオンコリス<4588>やPSS<7707>は大きく値を下げた。その他、売買代金上位ではAIinside<4488>やアジャイル<6573>が軟調。レントラックス<6045>は5月度売上高の伸び鈍化がネガティブ視され、下落率トップとなった。一方、時価総額上位ではメルカリ<4385>、フリー<4478>、弁護士コム<6027>が堅調。FRONTEO<2158>は特許査定取得が材料視されて急伸し、新サービスを提供開始したDDS<3782>は上昇率トップとなった。ITbookHD<1447>などはストップ高水準で取引を終えた。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均