市場ニュース

戻る

【経済】(中国)上海総合指数は0.15%安でスタート、米中対立への懸念がやや高まる

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

23日の上海総合指数は売り先行。前日比0.15%安の2960.887ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時44分現在、0.38%安の2953.88ptで推移している。香港問題をめぐる米中対立への懸念が引き続き警戒されている。一方、国内における市場改革の推進期待などが引き続き支援材料。また、景気対策の強化や金融緩和の継続も好感されている。

《AN》

 提供:フィスコ

日経平均