市場ニュース

戻る

【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は5日続伸、フルッタ、ネットイヤーがS高

 22日大引けの東証マザーズ指数は前週末比13.39ポイント高の1056.47ポイントと5日続伸。値上がり銘柄数は175、値下がり銘柄数は136となった。

 個別ではフルッタフルッタ<2586>、ネットイヤーグループ<3622>、オンコリスバイオファーマ<4588>、アジャイルメディア・ネットワーク<6573>、フィードフォース<7068>がストップ高。シャノン<3976>、インフォネット<4444>、エンバイオ・ホールディングス<6092>は一時ストップ高と値を飛ばした。Lib Work<1431>、ITbookホールディングス<1447>、ケアネット<2150>、ロコンド<3558>、オークファン<3674>など28銘柄は年初来高値を更新。ブリッジインターナショナル<7039>、アドベンチャー<6030>、すららネット<3998>、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ<6090>、AI CROSS<4476>は値上がり率上位に買われた。

 一方、きずなホールディングス<7086>が年初来安値を更新。ベガコーポレーション<3542>、Macbee Planet<7095>、SREホールディングス<2980>、ソーシャルワイヤー<3929>、BuySell Technologies<7685>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース

日経平均