市場ニュース

戻る

【市況】【↓】日経平均 大引け| 続落、円高進行や地政学リスクを警戒し売り優勢 (6月18日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  22363.88
高値  22432.25(12:57)
安値  22125.35(10:38)
大引け 22355.46(前日比 -100.30 、 -0.45% )

売買高  11億1122万株 (東証1部概算)
売買代金  2兆0090億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は前日比100円安と続落、一時300円を超す下落に
 2.6日のNYダウは新型コロナ「第2波」への警戒から軟調に推移
 3.1ドル=106円70銭台へ円高進行、北朝鮮など地政学リスクも警戒
 4.個別株物色で任天堂が5万円乗せ、中外薬は上場来高値を更新
 5.東証マザーズやジャスダック指数は3日続伸と中小型株人気は継続

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比170ドル安と4日ぶりに反落した。新型コロナウイルス感染第2波への警戒感から空運や銀行株などが売られた。

 東京市場では、日経平均株価は続落。為替の円高が進行するなか利益確定売りが優勢となった。

 17日の米株式市場では、新型コロナウイルス感染拡大「第2波」への警戒感からNYダウが4日ぶりに反落。北朝鮮を巡る緊張の高まりもあり、為替は1ドル=106円80銭台への円高が進行した。こうしたなか、この日の日経平均は売り先行で一時、前日比300円を超える下落となる場面があった。ただ、日銀のETF買いに対する期待もあり後場に入り下げ幅を縮小した。東証マザーズや日経ジャスダック平均はともに3日続伸となるなど、中小型株への買いは続いた。

 個別銘柄では、ファーストリテイリング<9983>やソニー<6758>、レーザーテック<6920>が安く、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>や三井住友フィナンシャルグループ<8316>など銀行株が値を下げた。円高進行を受け、トヨタ自動車<7203>や日産自動車<7201>など自動車株も軟調だった。キーエンス<6861>やファナック<6954>といったFA関連株も安い。
 半面、ソフトバンクグループ<9984>が高く、村田製作所<6981>やリクルートホールディングス<6098>が値を上げた。任天堂<7974>は5万円台に乗せ、中外製薬<4519>は上場来高値を更新した。アンジェス<4563>やディー・エル・イー<3686>、ワークマン<7564>、AI inside<4488>といった中小型株が買われた。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はSBG <9984> 、中外薬 <4519> 、東エレク <8035> 、オリンパス <7733> 、リクルート <6098> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約51円。うち33円はSBG1銘柄によるもの。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、ファナック <6954> 、ファミマ <8028> 、KDDI <9433> 、信越化 <4063> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約78円。うち39円はファストリ1銘柄によるもの。

 東証33業種のうち上昇は8業種。上昇率の上位5業種は(1)海運業、(2)その他製品、(3)情報・通信業、(4)パルプ・紙、(5)金属製品。一方、下落率の上位5業種は(1)空運業、(2)鉱業、(3)石油石炭製品、(4)不動産業、(5)ゴム製品。

■個別材料株

△キャンディル <1446>
 「抗ウイルス・抗菌剤CA1100」の小分けタイプを発売。
△CEHD <4320>
 「新型コロナの肺画像解析プログラム」で日本初の承認取得。
△AIクロス <4476> [東証M]
 コールセンター業務効率化サービスの提供開始。
△アンジェス <4563> [東証M]
 新型コロナのワクチン製造にシオノギファーマが参画。
△イマジニア <4644> [JQ]
 「すみっコぐらし」初のスマホ向け農園ゲーム配信へ。
△インパクト <6067> [東証M]
 子会社が手かざしサイネージシステムを開発。
△ノーリツ鋼機 <7744>
 子会社JMDCの一部保有株を159億円で売却へ。
△都築電 <8157> [東証2]
 6月24日付で東証1部に指定。
△商船三井 <9104>
 21年3月期経常利益予想を上方修正。
△MTI <9438>
 三井住友FG <8316> 子会社と金融機関向けオンライン本人確認システムを開発。

▼NTN <6472>
 前期最終は赤字拡大で着地・1-3月期(4Q)最終は赤字拡大。
▼ゲームウィズ <6552>
 前期経常を34%下方修正。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)キャンディル <1446> 、(2)CEHD <4320> 、(3)DLE <3686> 、(4)イーブック <3658> 、(5)テモナ <3985> 、(6)システムソフ <7527> 、(7)日シス技術 <4323> 、(8)NSD <9759> 、(9)ミサワ <3169> 、(10)パイプドHD <3919> 。
 値下がり率上位10傑は(1)古河池 <6937> 、(2)NTN <6472> 、(3)DNC <4246> 、(4)Hamee <3134> 、(5)テイカ <4027> 、(6)APカンパニ <3175> 、(7)東祥 <8920> 、(8)石川製 <6208> 、(9)北日銀 <8551> 、(10)東洋エンジ <6330> 。

【大引け】

 日経平均は前日比100.30円(0.45%)安の2万2355.46円。TOPIXは前日比4.00(0.25%)安の1583.09。出来高は概算で11億1122万株。東証1部の値上がり銘柄数は890、値下がり銘柄数は1164となった。日経ジャスダック平均は3476.24円(7.86円高)。

[2020年6月18日]


株探ニュース

日経平均