市場ニュース

戻る

【材料】イード---ジゴワッツと共同開発のスマホがクルマの鍵になる「バーチャルキー」NTTグループ企業のサービス「ノッテッテ」へ

イード <日足> 「株探」多機能チャートより

イード<6038>は21日、デバイス開発と認証技術に強みを持つジゴワッツと、スマートフォンをクルマの鍵として使える「バーチャルキー」を共同開発。エヌ・ティ・ティ・ル・パルクが5月21日より開始した新たなカーシェアリングサービス「ノッテッテ」に提供することを発表。

「バーチャルキー」は、スマートバリューが提供する、法人が保有する社用車をグループ企業や地域の一般利用者等へもシェアできるモビリティシェアリングプラットフォーム「Kuruma Base Biz」に搭載。「Kuruma Base Biz」はクルマの運行管理から予約、決済、利用事のクルマの解錠・施錠もすべてひとつのアプリで完結できるソリューションとなっている。
今回この「Kuruma Base Biz」がNTTル・パルクのカーシェアリングサービス「ノッテッテ」に導入された。

「バーチャルキー」は、ジゴワッツの認証テクノロジーを利用した認証サーバとスマートフォンアプリ、バーチャルキー車載器によって構成。バーチャルキー車載器は、対象車種のセキュリティに対する改造工事をすることなく、安価に車両をカーシェアに対応させることができる。また、スマートフォンアプリをつかった鍵のため、カード発行などの時間とコストを圧縮した運用を可能にできる。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均