市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:ファストリ、SHIFT、メドレー

ファストリ <日足> 「株探」多機能チャートより
■SHIFT <3697>  7,830円  +1,000 円 (+14.6%) ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率3位
 SHIFT <3697> がストップ高。9日大引け後に発表した20年8月期上期(19年9月-20年2月)の連結経常利益が前年同期比2.7倍の12.7億円に急拡大し、従来予想の9億円を上回って着地したことが買い材料視された。主力のソフトウエアテストで独パッケージソフト開発大手SAP領域や通信関連の顧客開拓が進んだことが寄与。高付加価値サービスの増加やサービスラインアップの拡充でエンジニア単価が上昇したことも大幅増益に貢献した。併せて、PCリユースやキッティングなどを展開するエスエヌシーの全株式を取得し子会社化すること、および技術戦略や採用・育成戦略のコンサルティングなどを手掛けるレクターと協業開始することを明らかにしている。

■メドレー <4480>  2,580円  +227 円 (+9.7%)  11:30現在
 メドレー<4480>が急伸している。きょう付けの日本経済新聞朝刊で「オンラインや電話で初診患者を診療した医療機関への診療報酬について、厚生労働省が2100円程度とする方向で調整に入ったことが9日わかった」と報じられたことを手掛かり材料視している。記事通りならば、一般的な対面診療の初診料である2880円の4分の3程度となり、特別措置ながら、オンライン診療を選択する人が増えるとの思惑から、オンライン診療システム「CLINICS オンライン診療」を展開する同社に買いが向かっているようだ。また、オプティム<3694>と共同でオンライン診療「ポケットドクター」を展開するMRT<6034>なども大幅高となっている。

■ファーストリテイリング <9983>  48,740円  +1,790 円 (+3.8%)  11:30現在
 ファーストリテイリング<9983>が6日続伸している。9日の取引終了後、20年8月期の連結業績予想について、売上高を2兆3400億円から2兆900億円(前期比8.8%減)へ、営業利益を2450億円から1450億円(同43.7%減)へ、純利益を1650億円から1000億円(同38.5%減)へ下方修正したが、想定内との見方が強い。3月の実績に加えて、4月、5月は引き続き新型コロナウイルス感染症の影響により大幅減収が見込まれ、6月以降に事業活動が徐々に正常化する仮定のもとに算出したという。また、業績予想の下方修正に伴い、中間・期末配当予想を各250円から各240円に引き下げ、年間配当を500円から480円にするとあわせて発表している。なお、第2四半期累計(19年9月~20年2月)決算は、売上高1兆2085億円(前年同期比4.7%減)、営業利益1367億3600万円(同20.9%減)、純利益1004億5900万円(同11.9%減)だった。同時に、3月度の国内ユニクロ事業の売上速報を発表しており、既存店及びEコマース売上高は前年同月比27.8%減と2カ月ぶりに前年実績を下回った。新型コロナウイルス感染症の影響により、客数が同32.4%減と大幅に減少したことが響いた。

■三菱UFJ <8306>  423円  +15 円 (+3.7%)  11:30現在
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>や三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>といったメガバンクが高い。米連邦準備理事会(FRB)は9日、一般企業に対する融資など2兆3000億ドルの緊急資金供給策を発表。大企業などから社債の買い取りを行うことも明らかにした。この発表を受け、金融市場の安定化に向けた期待が高まり、欧米の銀行株が急伸。米国のJPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカ、英国のバークレイズなどが値を上げた。この流れのなか、日本のメガバンクにも買いが膨らんでいる。

■大黒天物産 <2791>  3,280円  +95 円 (+3.0%)  11:30現在
 大黒天物産<2791>が反発している。9日の取引終了後に発表した第3四半期累計(19年6月~20年2月)連結決算が、売上高1526億4400万円(前年同期比13.1%増)、営業利益32億4100万円(同53.4%増)、純利益20億5200万円(同3.2倍)と大幅増益となったことが好感されている。ESLP(エブリデイ・セーム・ロープライス)の強化に加えて、新潟県、和歌山県、愛媛県にそれぞれ1店舗の新規出店と、既存店舗の老朽化に伴う建て替えを1店舗、生鮮売り場を強化した大幅改装を2店舗で実施したことが寄与した。なお、20年5月期通期業績予想は、売上高1935億円(前期比5.5%増)、営業利益45億2000万円(同64.9%増)、純利益23億8000万円(同8.4倍)の従来見通しを据え置いている。

■富士フイルム <4901>  5,454円  +128 円 (+2.4%)  11:30現在
 富士フイルムホールディングス<4901>が4日ぶりに反発している。9日、抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」について、新型コロナウイルス感染症を対象とした米国第2相臨床試験を開始すると発表しており、これが好材料視されている。「アビガン」に関しては今年3月、子会社である富士フイルム富山化学で新型コロナウイルス感染症患者を対象とした臨床試験を国内で開始している。米国での治験では、数十例の患者を対象に、「アビガン」投与時の治療効果と安全性を確認することを目的としている。

■栄研化学 <4549>  2,108円  +48 円 (+2.3%)  11:30現在
 栄研化学<4549>が反発に転じている。同社は検査薬大手で特にOC(便潜血検査試薬)のシェアでは群を抜く。9日取引終了後、体外診断用医薬品「Loopamp新型コロナウイルス2019(SARS-CoV-2)検出試薬キット」を10日に発売することを発表、これを材料視する買いを呼び込む格好となった。新型コロナウイルス感染症の診断補助として迅速な診断を可能としており、感染拡大防止に貢献が期待される製品として期待が膨らんだ。

■寿スピリッツ <2222>  4,335円  -335 円 (-7.2%)  11:30現在
 9日に発表した「1-3月期売上高は14.8%減」が売り材料。
 20年3月期第4四半期(1-3月)売上高は前年同期比14.8%減。

■国際石油開発帝石 <1605>  649.7円  -23.4 円 (-3.5%)  11:30現在
 国際石油開発帝石<1605>や石油資源開発<1662>、JXTGホールディングス<5020>といったエネルギー関連株が安い。サウジアラビアなど石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟国で構成する「OPECプラス」が9日開催したテレビ会議で、5月から日量1000万バレルの協調減産が決まった。ただ、同日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近物は前日比2.33ドル安の1バレル=22.76ドルと下落した。今回の協調減産の規模は、新型コロナウイルスの影響による原油需要減少をカバーするには十分ではなく、期待には達しなかったとの見方が出ている。

■東京エレクトロン <8035>  22,485円  -455 円 (-2.0%)  11:30現在
 東京エレクトロン<8035>、アドバンテスト<6857>など半導体製造装置関連株は売り買い交錯。両銘柄とも5日・25日移動平均線のゴールデンクロス示現から戻り足を強めているが、目先は上昇一服感も出ている。前日の米国株市場では半導体世界トップメーカーのインテルや半導体製造装置で世界最大手のアプライドマテリアルズなどが売られ、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も反落となった。東京市場でもこの流れを受け、目先利益確定の動きを誘発している。

■テイツー <7610>  35円  +9 円 (+34.6%)  11:30現在
 テイツー<7610>が急伸している。9日の取引終了後、集計中の20年2月期の単独業績について、営業利益が1億2000万円から2億6000万円(前の期比28.7%増)へ、最終利益が4000万円から1億7800万円(同64.8%増)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。売上高が215億円の従来予想に対して214億4900万円(同6.8%減)とほぼ計画通りの着地となったことに加えて、「古本市場」などの店舗で中古商材に注力したことによる粗利の確保と、全社での経費削減活動による販管費の抑制が奏功したという。

■ショクブン <9969>  393円  +80 円 (+25.6%) ストップ高   11:30現在
 ショクブン<9969>が大幅高で5連騰。食材宅配の大手で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い外出自粛の動きが出るなか、需要開拓が期待できる局面にある。人工知能(AI)を使った配送ナビゲーションで業務効率化への期待も大きい。投資資金の攻勢で株価は急速人気化しており、10日付で日証金から貸株規制が出たことを契機に物色人気を加速させている。

■C&R <4763>  911円  +139 円 (+18.0%) 一時ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率トップ
 クリーク・アンド・リバー社 <4763> が急騰。9日大引け後に発表した20年2月期の連結経常利益は前の期比32.7%増の21億円に拡大して着地。続く21年2月期も前期比23.6%増の26億円に伸び、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。今期は映像、ゲーム、Web業界向け派遣・紹介などを展開する主力の国内クリエーティブ分野を中心に収益が伸長する。なお、新型コロナウイルスの影響は織り込んでいない。同時に、今期の年間配当は前期比1円増の16円に増配する方針とした。併せて、発行済み株式数(自社株を除く)の3.5%にあたる80万株(金額で5億円)を上限に自社株買いを実施すると発表しており、株主還元の強化を好感する買いも向かった。

■ベガコーポレーション <3542>  525円  +80 円 (+18.0%) ストップ高買い気配   11:30現在
 ベガコーポレーション <3542> [東証M]がストップ高買い気配。9日大引け後、20年3月期の経常損益(非連結)を従来予想の1億5000万円の赤字→1億4000万円の黒字(前の期は2億5600万円の赤字)に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなったことが買い材料視された。家具・インテリアのEC販売で自社サイトの売上高が好調に推移する中、販売価格と商品構成の見直しによる原価率の改善、在庫適正化や配送料抑制などが奏功し、採算が大きく改善した。

■スタティアH <3393>  559円  +80 円 (+16.7%) ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率2位
 スターティアホールディングス<3393>がストップ高。同社は9日、子会社スターティアレイズが、ファイル暗号化サービスを提供するDataClasys(東京都千代田区)と製品の販売に関する契約を締結し、業務提携したと発表しており、これが好感されている。個人情報保護法の制度改正大綱でデータ暗号化やデータ利便性についての記載が増え、市場でのニーズが高まっていることから、暗号化・DRM(デジタル著作権管理)で高い実績を持つDataClasys社と提携するという。提携により暗号化・DRM製品「DataClasys」とスターティアレイズのクラウドストレージサービス「セキュアSAMBA」を連携させ、テレワークにおけるファイル共有の情報漏洩対策として販売するとしている。

●ストップ高銘柄
 松屋アールアンドディ <7317>  1,340円  +300 円 (+28.9%) ストップ高   11:30現在
 フジタコーポレーション <3370>  446円  +80 円 (+21.9%) ストップ高   11:30現在
 メディシノバ・インク <4875>  660円  +100 円 (+17.9%) ストップ高買い気配   11:30現在
 NexTone <7094>  4,745円  +700 円 (+17.3%) ストップ高   11:30現在
 大日光 <6635>  685円  +100 円 (+17.1%) ストップ高買い気配   11:30現在
 など、16銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

日経平均