市場ニュース

戻る

【市況】【↑】日経平均 大引け| 5日ぶり小反発、引けにかけ先物主導で買い戻し (4月3日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  17951.44
高値  18059.15(09:11)
安値  17646.50(14:32)
大引け 17820.19(前日比 +1.47 、 +0.01% )

売買高  14億9911万株 (東証1部概算)
売買代金  2兆3669億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は前日比1円高、引けにかけ値を上げ5日ぶり小反発
 2.2日のNYダウは469ドル高、原油価格の上昇などを好感
 3.東京市場は新型コロナ感染拡大への警戒感強いが先物主導で値を戻す
 4.原油価格の上昇で、国際石開帝石や石油資源など石油関連株が高い
 5.新型コロナ治療薬として期待される「アビガン」の原料供給でデンカが急騰

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比469ドル高と3日ぶりに反発した。トランプ米大統領が、サウジやロシアが原油を減産するとの見通しを示したことを受けて原油先物相場が急上昇し、投資家心理が改善した。

 東京市場では、日経平均株価は5日ぶりに小幅反発。引けにかけ先物主導で買い戻しが入ったとみられている。

 3日の東京市場は、前日の米株式市場でNYダウが前日比469ドル高と急伸したことを受け、朝方は買い優勢の展開となり、上昇幅は200円を超し、1万8000円を回復する場面があった。買い一巡後は後場に入り売りに押される展開。東京を中心とする新型コロナウイルスの感染拡大が警戒された。ただ、引けにかけ買いが流入し、結局1円高とプラス圏で取引を終えた。先物中心に買い戻しが入ったとみられている。

 個別銘柄では、任天堂<7974>やファーストリテイリング<9983>が高く、東京エレクトロン<8035>やキーエンス<6861>が値を上げた。新型コロナ治療薬として期待される「アビガン」に対する原料供給でデンカ<4061>が急騰。富士フイルムホールディングス<4901>も高い。原油価格の上昇で国際石油開発帝石<1605>や石油資源開発<1662>が買われた。東証2部から1部へ復帰する申請を行った東芝<6502>が上昇した。
 半面、ソフトバンクグループ<9984>やソニー<6758>、リクルートホールディングス<6098>が安く、トヨタ自動車<7203>やSUBARU<7270>など自動車株が値を下げた。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>や三井住友フィナンシャルグループ<8316>など銀行株も軟調。三越伊勢丹ホールディングス<3099>が売られた。テレワーク関連のブイキューブ<3681>や遠隔医療のMRT<6034>が安く、鳥貴族<3193>やひらまつ<2764>など居酒屋、飲食店関連株も値を下げた。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、ダイキン <6367> 、KDDI <9433> 、中外薬 <4519> 、セコム <9735> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約73円。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はリクルート <6098> 、信越化 <4063> 、TDK <6762> 、SBG <9984> 、テルモ <4543> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約40円。

 東証33業種のうち上昇は11業種。上昇率の上位5業種は(1)鉱業、(2)保険業、(3)電気・ガス業、(4)石油石炭製品、(5)その他金融業。一方、下落率の上位5業種は(1)空運業、(2)輸送用機器、(3)鉄鋼、(4)金属製品、(5)海運業。

■個別材料株

△クロスプラス <3320> [東証2]
 グループ会社が保育施設などにマスク販売開始へ。
△データHR <3628> [東証M]
 ディーエヌエ <2432> の子会社とデータヘルス事業で業務提携契約。
△サイバーリン <3683>
 タイムスタンプ関連として関心集める。
△デンカ <4061>
 「アビガン」の原料供給を決定。
△カネカ <4118>
 グループ会社がベルギーで新型コロナ検査試薬の供給開始。
△ランサーズ <4484> [東証M]
 企業による発注問い合わせ及びフリーランス登録者数が増加。
△東芝 <6502> [東証2]
 「東証1部復帰へ申請」との報道。
△OSGコーポ <6757> [JQ]
 衛生関連製品の3月売上高が500%超の大幅増。
△富フロンテク <6945> [東証2]
 米子会社が生体認証ソリューション企業を買収。
△毎コムネット <8908>
 第3四半期経常利益は37%増益。

▼キユーピー <2809>
 今期経常を6%下方修正。
▼インソース <6200>
 上期経常を2%下方修正。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)デンカ <4061> 、(2)サイバーリン <3683> 、(3)ミダック <6564> 、(4)有機薬 <4531> 、(5)日本取引所 <8697> 、(6)富士フイルム <4901> 、(7)大幸薬品 <4574> 、(8)邦ガス <9533> 、(9)日比谷設 <1982> 、(10)ネクソン <3659> 。
 値下がり率上位10傑は(1)インソース <6200> 、(2)ハイパー <3054> 、(3)ヘリオスTH <6927> 、(4)鳥貴族 <3193> 、(5)三陽商 <8011> 、(6)ADWG <2982> 、(7)マツオカ <3611> 、(8)ラウンドワン <4680> 、(9)セグエG <3968> 、(10)アトラエ <6194> 。

【大引け】

 日経平均は前日比1.47円(0.01%)高の1万7820.19円。TOPIXは前日比4.74(0.36%)安の1325.13。出来高は概算で14億9911万株。東証1部の値上がり銘柄数は467、値下がり銘柄数は1653となった。日経ジャスダック平均は2834.93円(43.21円安)。

[2020年4月3日]

株探ニュース

日経平均