市場ニュース

戻る

【注目】【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (3月30日発表分)

リプロセル <日足> 「株探」多機能チャートより

 【好材料】  ――――――――――――

■綜合警備保障 <2331>
三菱商事 <8058> とファシリティマネジメント事業で資本業務提携。

■いちご <2337>
子会社いちごオーナーズが東京都23区内のレジデンス11物件を複数のSPCへ譲渡。21年2月期に売上高約133億円を計上する予定。

■宝ホールディングス <2531>
宝酒造インターナショナルが米国向け食料品の輸出販売を手掛ける東京共同貿易の株式51%を取得し子会社化する。取得価額は13.2億円。

■アスクル <2678>
3月単体売上高は前年同月比3.4%増と4ヵ月連続で前年実績を上回った。

■ユーグレナ <2931>
微細藻類ユーグレナとその特有成分パラミロンが、免疫細胞や神経細胞に作用することを示唆する研究結果を確認。

■ジェーソン <3080> [JQ]
前期経常を一転12%増益に上方修正・11期ぶり最高益更新へ。

■電算システム <3630>
コンビニ収納代行サービスでふくおかフィナンシャルグループ <8354> の決済アプリ「YOKA!Pay」の取り扱いを開始。

■ボルテージ <3639>
ニンテンドースイッチ向けタイトルの第4弾として「上司と秘密の 2LDK」を5月7日に発売。同作はモバイル版が全世界で150万以上のダウンロードを記録した人気タイトル。日本、米国、カナダ、メキシコで販売する。

■ケイブ <3760> [JQ]
テレビ朝日、でらゲーとスマートフォンゲーム製作委員会を設立。3社協力のもと新作スマホゲームの開発を進める。

■岡山製紙 <3892> [JQ]
6-2月期(3Q累計)経常が80%増益で着地・12-2月期も11倍増益。

■三菱ケミカルホールディングス <4188>
生分解性プラスチック「BioPBS」を用いたごみ袋が京急グループに採用。

■プロパティデータバンク <4389> [東証M]
発行済み株式数(自社株を除く)の2.91%にあたる17万株(金額で1億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は4月1日から6月30日まで。

■AI CROSS <4476> [東証M]
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が提供する次世代SMS「プラスメッセージ」で企業ごとの公式アカウントを取得し、ニュースリリースを+メッセージユーザーに配信できる「+メッセージ活用ニュースリリース配信サービス」を提供開始。

■塩野義製薬 <4507>
中国平安保険と資本業務提携。ITを活用したヘルスケア事業を展開する合弁会社を設立する。

■ビオフェルミン製薬 <4517>
約165億円を投じ、神戸市に新工場を建設。稼働開始は23年3月を予定。

■キャンバス <4575> [東証M]
抗がん剤候補化合物「CBP501」の臨床試験(フェーズ1b試験)のデータが、20年米国臨床がん学会(ASCO)年次総会で発表されることが決定。

■オンコリスバイオファーマ <4588> [東証M]
次世代テロメライシンOBP-702の開発に向けた助成金採択。腫瘍溶解ウイルスの開発パートナーである岡山大学が国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の助成を受ける。

■クレスコ <4674>
ザイマックス子会社のジザイめっけを合弁会社化する。消費者と店舗展開事業者をつなぐ情報サービス事業を共同展開。

■リプロセル <4978> [JQG]
再生医療向け臨床用iPS細胞の作製サービスを開始。研究用iPS細胞の作製に次ぐサービス。

■リバーホールディングス <5690> [東証2]
未定だった今期配当は35円実施。

■昭和電線ホールディングス <5805>
神奈川県海老名市に保有する昭和電線ケーブルシステム海老名工場の土地売却に伴い、22年3月期に売却益22億円を特別利益に計上する。

■ダイケン <5900> [JQ]
前期経常を28%上方修正。

■弁護士ドットコム <6027> [東証M]
クラウド契約サービス「クラウドサイン」の累計契約送信件数が200万件に到達。

■トレンダーズ <6069> [東証M]
今期最終を2.4倍上方修正。

■ストライク <6196>
上期経常が2.1倍増益で着地・12-2月期も77%増益。

■マルマエ <6264>
上期経常が16%増益で着地・12-2月期も2.9倍増益。

■ニューテック <6734> [JQ]
前期経常を46%上方修正・最高益予想を上乗せ。

■アクセスグループ・ホールディングス <7042> [JQ]
小規模採用企画で画面越しに学生と直接会話できる「オンラインブース」サービスを開始。

■大都魚類 <8044> [東証2]
マルハニチロ <1333> がTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化を目指す。TOB価格は1株1225円で30日終値を57.9%上回る水準。買い付け期間は3月31日から5月21日まで。

■北國銀行 <8363>
発行済み株式数の3.41%にあたる99万5000株の自社株を消却する。消却予定日は4月6日。

■ビジネスブレイン太田昭和 <9658>
今期経常を18%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も5円増額。また、6月30日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施する。

 【悪材料】  ――――――――――――

■スタジオアリス <2305>
前期経常を17%下方修正。

■シーズメン <3083> [JQ]
前期経常を一転赤字に下方修正。新規に自社商品企画・製造事業、OEM事業を開始。

■大光 <3160>
今期経常を21%下方修正。

■SECカーボン <5304> [東証2]
今期経常を9%下方修正。

■ホッカンホールディングス <5902>
今期経常を20%下方修正。

■ERIホールディングス <6083>
6-2月期(3Q累計)経常が49%減益で着地・12-2月期も59%減益。

■エアトリ <6191>
2月取扱高は前年同月比15%減の91.5億円。

■ディーエムソリューションズ <6549> [JQ]
今期最終を一転赤字に下方修正。

■NaITO <7624> [JQ]
前期経常は12%減益で着地・12-2月期(4Q)経常は32%減益、今期業績は非開示。

■しまむら <8227>
前期経常は9%減益で着地・12-2月期(4Q)経常は12%減益、今期業績は非開示。

■AVANTIA <8904>
上期経常を一転45%減益に下方修正。

■東京電力ホールディングス <9501>
非開示だった今期経常は2%減益へ。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

■スター・マイカ・ホールディングス <2975>
12-2月期(1Q)経常は36%減益で着地。一方、発行済み株式数(自社株を除く)の1.4%にあたる25万株(金額で3億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は3月31日から21年3月30日まで。

■倉元製作所 <5216> [JQ]
事業再生ADR手続きが成立。東証が債務超過に係る上場廃止の猶予期間を20年12月末までに延長。一方、前期最終は赤字拡大で着地、今期業績は非開示。

※3月30日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2020年3月30日]

株探ニュース

日経平均