市場ニュース

戻る

【特集】「eラーニング」が12位にランク、全国小中高への臨時休校要請で関心<注目テーマ>

バーチャレク <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 マスク 
2 テレワーク 
3 コロナウイルス 
4 遠隔医療 
5 巣ごもり 
6 5G 
7 院内感染 
8  
9 教育ICT 
10 人工知能

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「eラーニング」が12位となっている。

 安部首相は27日、新型コロナウイルス感染症対策本部で、全国の小中学校や高校などについて、3月2日から春休みに入るまで臨時休校を要請する考えを表明した。自宅での学習が必要になるケースも出てくることが想定されるため、インターネットを利用して学習を行う「eラーニング」への注目度が急上昇している。

 関連銘柄では、子会社のタイムインターメディアが学校基幹サービスやeラーニングシステムを含む学内情報活用サービスを手掛けるバーチャレクス・ホールディングス<6193>や学校、塾など向けにICT活用の教育用システムを手掛けるチエル<3933>がストップ高に買われたほか、ネット学習教材を提供するすららネット<3998>、きょうから個別学習塾「自立学習RED」で在宅学習サービスの提供を始めたスプリックス<7030>、更にオンライン英会話大手のレアジョブ<6096>なども関心を集めている。

 また、首相の臨時休校の要請に関連しては、幼稚園と保育所は今回対象に含まれないという。こうしたことから保育所などを運営するライクキッズ<6065>やSERIOホールディングス<6567>も高い。

出所:MINKABU PRESS

最終更新日:2020年02月28日 12時22分

日経平均