市場ニュース

戻る

【特集】MACD【買いシグナル】低PER 13社選出 <テクニカル特集> 2月14日版

日本管財 <日足> MACD 「株探」多機能チャートより
 14日の東京株式市場は新型肺炎への楽観論が後退、リスク回避による売りが膨らんだ。国内で初めて新型肺炎による死者が確認され、東京や神奈川、和歌山などで新たな感染者が発生したことから経済活動への影響も警戒された。後場に入ってからは、週末要因に加え、月曜は米国がプレジデントデーで休場となることもあり様子見姿勢が強まった。半面、新型肺炎関連株は軒並み高となった。日経平均株価は前日比140円安の2万3687円と続落。東証1部の値上がり銘柄数は674、値下がり銘柄数は1394、変わらずは92。

 本特集では、テクニカル指標「MACD」の買いシグナルと割安・割高感を示す株価指標「PER」に注目。東証1部においてMACDで「買いシグナル」が点灯した銘柄 42社から、予想PERが東証1部平均の 16.27倍を下回る上昇余力があるとみられる 13社を選び出しました。

 ⇒⇒ 2部・新興市場を含めた全銘柄版「MACD/買いシグナル」も、併せてご活用ください。

    銘柄名     PER PBR
<6995> 東海理      8.7  0.71
<3173> コミニックス   9.4  1.03
<4651> サニックス    9.6  3.05
<4410> ハリマ化成G   10.2  0.81
<7226> 極東開発     10.3  0.61

<9717> ジャステック   11.6  1.07
<8383> 鳥取銀      12.5  0.25
<7244> 市光工      12.6  1.57
<4188> 三菱ケミHD   14.0  0.81
<6393> 油研工      14.0  0.42

<6323> ローツェ     14.7  3.17
<6332> 月島機      15.5  0.94
<9728> 日本管財     15.7  1.40


※当情報は参考資料・データとして提供しております。売買に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。

株探ニュース

日経平均