市場ニュース

戻る

【市況】米国株見通し:製造業などに幅広い買いも、週末控え調整の売り

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

(17 時50 分現在)
S&P500先物  3331.27(+10.12)
ナスダック100先物  9286.38(+36.50)


グローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は堅調、NYダウ先物は103ドル高で推移する。NY原油先物は上昇に転じ、米株式市場は欧州株高に連動し本日は買い先行となりそうだ。


23日はまちまち。ダウは小幅に下げたが、ナスダックは終盤に上昇へ転じ、最高値を更新した。この日発表された景気先行指数は低調な内容となるなか企業業績はまちまちとなり、積極的な買いは手控えられた。一方、中国で感染が拡大する新型コロナウィルスに関連し、治療薬開発を期待された製薬メーカーが買われ指数を押し上げた。


本日は、製造業とサービス業のPMIが注目される。いずれも前回から小幅に改善が見込まれ、景気拡大基調が示されれば幅広く買われる見通し。また、原油価格は下げ止まり、エネルギー関連株の買戻しも入りやすい。ただ、ウィルス感染の影響に警戒は根強く、週末を控えた調整の売りも想定される。

《TY》

 提供:フィスコ

日経平均