市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):サンウッド、ケア21、ジーニー

サンウッド <日足> 「株探」多機能チャートより
■サンウッド <8903>  634円  +100 円 (+18.7%) ストップ高   本日終値
 サンウッド <8903> [JQ]がストップ高。21日大引け後、20年3月期の経常利益(非連結)を従来予想の3億円→5.8億円に87.7%上方修正。増益率が34.9%増→2.5倍に拡大する見通しとなったことが買い材料視された。新規事業である一棟収益物件の商業ビル「WHARFシリーズ」の販売好調が上振れの要因。業績予想達成のメドが付いたことを踏まえ、一部プロジェクトの販売を来期にスライドすることで売上高は計画未達となる。

■ケア21 <2373>  1,536円  +167 円 (+12.2%)  本日終値
 ケア21 <2373> [JQ]が急騰。21日大引け後、発行済み株式数(自社株を除く)の4.4%にあたる20万株(金額で3億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は2月3日から5月15日まで。

■ジーニー <6562>  647円  +70 円 (+12.1%) 一時ストップ高   本日終値
 ジーニー<6562>が一時ストップ高。この日、1月29日から31日にインテックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「第4回Japan IT Week関西」内の「第4回Web&デジタルマーケティングEXPO」に出展すると発表しており、ビジネスチャンスの拡大を期待した買いが入った。今回の出店では、顧客管理/営業管理システム「ちきゅう」及びマーケティングオートメーション「MAJIN」、チャットボットツール「Chamo」の3サービスを展示する予定。なお、同社の関西のデジタルマーケティング系展示会への出展は今回が初出展となる。

■野村マイクロ <6254>  1,199円  +69 円 (+6.1%)  本日終値
 野村マイクロ・サイエンス<6254>が上昇加速。時価は18年3月以来、約1年10カ月ぶりの高値圏に浮上している。半導体向けを主力に超純水装置を手掛けるが、風向きは追い風。次世代通信規格5Gの投資に伴う需要喚起が見込まれることで、半導体市況の底入れ期待に拍車がかかっている。同社が主要顧客先とするサムスン電子は5G標準規格に関する必須特許の出願件数で世界トップに位置しており、これは野村マイクロにとってもポジティブな思惑につながる。

■Casa <7196>  1,556円  +78 円 (+5.3%)  本日終値
 Casa<7196>は大幅反発し上場来高値を更新した。21日の取引終了後、首都圏の一部エリアを対象に、賃貸物件に特化した空室対策サービス「空室を埋めるリフォーム」を販売開始したと発表しており、これが材料視されたようだ。同サービスは、空室の長期化に課題を持つ賃貸オーナーに、部屋のデザイン性を高める原状回復を低価格で提供し、入居者募集サポートの提案をワンストップで提供するというもの。更に、入居期間中は家賃の集金・保証サービスも提供する。

■ニーズウェル <3992>  854円  +29 円 (+3.5%)  本日終値
 ニーズウェル<3992>が3日続伸し7カ月ぶりに昨年来高値を更新した。同社は金融業界向けを主力とするシステム開発会社で、基幹系業務システムの開発で高い実績を誇るほか、RPAとAI技術を融合させたソリューションで強みを発揮する。21日取引終了後、国内建設会社から企業内情報セキュリティーソリューション「NW Security Police(セキュリティポリス)」を受注したことを発表、これを手掛かり材料に株高に弾みがついている。

■イワブチ <5983>  10,670円  +350 円 (+3.4%)  本日終値
 電力架線用金具大手のイワブチ <5983> [JQ]が大幅高。21日大引け後、20年3月期の連結経常利益を従来予想の2.6億円→5.9億円に2.2倍上方修正。従来の4.6%減益予想から一転して2.1倍増益見通しとなったことが買い材料視された。業務改善・プロセス改革活動の推進で原価率が改善するほか、販管費の低減も寄与し、採算が大きく改善する。

■エクストリーム <6033>  1,969円  +52 円 (+2.7%)  本日終値
 エクストリーム<6033>が高い。スマートフォンゲーム開発支援業務を主力とし、開発企業への技術者派遣や受託開発業務を展開するが、派遣、受託開発ともに高水準の需要があり、足もとの業績は好調に推移している。19年4~9月期決算は営業利益が前年同期比6.7倍の7億7500万円と高変化をみせており、20年3月期計画の10億5000万円(前期比11%増)は増額される可能性が高い。急騰習性があり、2018年8月にストップ高を連発し短期間で株価を7倍化させた経緯がある。

■ファマライズ <2796>  655円  +6 円 (+0.9%)  本日終値
 ファーマライズホールディングス<2796>は続伸。21日取引終了後、近畿地方を地盤に調剤薬局を展開するヘルシーワーク(大阪市北区)を完全子会社化することを発表しており、これが好感された。同社は14年5月にヘルシーワークと資本・業務提携契約を締結し、発行済み株式数の35%を既に保有しているが、追加取得により完全子会社する。今回の子会社化で調剤薬局事業の近畿地方における更なる地盤の強化、競争力の向上などを図る。なお、連結業績に与える影響は軽微としている。

■リミックスポイント <3825>  175円  -9 円 (-4.9%)  本日終値
 リミックスポイント<3825>が5日続落。21日取引終了後、行使価格修正条項付き新株予約権を発行すると発表しており、潜在株式数の増加による需給悪化懸念から売りが膨らんだ。リバイブ投資事業組合を割当先として、新株予約権を23万9520個(行使価格は当初167円)割り当てる。発行済み株式数に対して最大で41%の希薄化が生じる可能性がある。調達額は約40億3020万円で、子会社のビットポイントジャパンの財務基盤強化などに充てる。

●ストップ高銘柄
 大木ヘルス <3417>  1,620円  +300 円 (+22.7%) ストップ高   本日終値
 バイセル <7685>  3,920円  +700 円 (+21.7%) ストップ高   本日終値
 昭和化学工業 <4990>  618円  +100 円 (+19.3%) ストップ高   本日終値
 WTパラジ <1675>  31,350円  +5,000 円 (+19.0%) ストップ高   本日終値
 川本産業 <3604>  941円  +150 円 (+19.0%) ストップ高   本日終値
 など、9銘柄

●ストップ安銘柄
 小倉クラッチ <6408>  6,350円  -1,510 円 (-19.2%) ストップ安   本日終値
 以上、1銘柄

株探ニュース

日経平均