市場ニュース

戻る

【市況】後場の日経平均は130円安でスタート、良品計画やルネサスが軟調/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 23894.41 (-130.76)
TOPIX  : 1729.22 (-11.31)

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比130.76円安の23894.41円と前場から下げ幅を拡大して取引を開始した。午前の日経平均は4日ぶり反落。円相場は1ドル109円90銭付近での推移。ランチタイム中の225先物は23860円-23920円のレンジで推移。アジア株も軟調に推移。この流れから、午後の日経平均は下げ幅を拡げる形でスタートした。その後は下げ幅を縮め、底堅さを見せる動きとなっている。

 業種別では、精密機器、ゴム製品を除き、非鉄金属、鉱業、機械、海運業、証券・商品先物取引業、電気機器、ガラス・土石製品、その他製品などを筆頭にほぼ全業種がマイナスで推移している。売買代金上位では、良品計画<7453>、スクエニHD<9684>、ルネサスエレクトロニクス<6723>、NEC<6701>、安川電機<6506>、日本電産<6594>などがマイナスで推移。一方、ダブル・スコープ<6619>の上昇が目立つほか、パナソニック<6752>、オリンパス<7733>、太陽誘電<6976>などがプラスで推移している。
《HH》

 提供:フィスコ

日経平均