市場ニュース

戻る

【材料】テックファムが大幅高で1年半ぶりの高値圏浮上、商用化本番で5G案件の獲得進む

テックファム <日足> 「株探」多機能チャートより
 テックファームホールディングス<3625>が大幅高で昨年来高値を更新、18年7月末以来約1年半ぶりの高値圏に浮上した。携帯電話向けシステム構築を主力とし、国内の次世代通信インフラ整備が進むなか、商用化本番を前にNTTドコモ<9437>向け5G案件の獲得が収益に寄与し始めている。モバイルソリューション分野での技術力は評価され、スマートフォンの画面に直接押せる電子スタンプサービス「Raklu(ラクル)」が企業の販促支援サービスとして期待を担っている。利益高成長路線をまい進、20年6月期営業利益は8億円予想と伸び率こそ鈍化するものの前期比2ケタ増益基調を継続する。

出所:MINKABU PRESS

日経平均