市場ニュース

戻る

【材料】SKジャパンが反発、定番キャラ堅調で20年2月期業績予想を上方修正

SKジャパン <日足> 「株探」多機能チャートより
 エスケイジャパン<7608>が反発している。14日の取引終了後、20年2月期の連結業績予想について、売上高を62億円から65億円(前期比5.2%減)へ、営業利益を4億円から5億2000万円(同33.9%減)へ、純利益を3億9500万円から5億1500万円(同25.4%減)へ上方修正したことが好感されている。

 「星のカービィ」「シャクレルプラネット」「ドラえもん」などの定番キャラクターが堅調に推移していることが要因という。なお、同時に発表した第3四半期累計(3~11月)決算は、売上高48億2000万円(前年同期比5.0%減)、営業利益4億5900万円(同32.2%減)、純利益4億5000万円(同25.6%減)だった。

出所:MINKABU PRESS

日経平均