市場ニュース

戻る

【特集】個人投資家・有限亭玉介:バリュー株と秘めたトレンドを見る銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】

英和 <日足> 「株探」多機能チャートより

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2019年12月24日11時に執筆


株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

この度は『バリュー株と秘めたトレンドを見る銘柄群』というテーマで寄稿させて頂きますよ。

さて、あたくしのブログでは日々「気になる銘柄」をピックアップし、その後の値動きに対する私観を交えた実況中継などを掲載しております。当記事ではここ最近注目した個別株についてザックリではありますが、ご紹介させて頂きます。

まず紹介させて頂きますのは計測・制御機器専門商社の英和<9857>です。チャート(週足)では、長らく保ち合いで冴えない値動きが続いておりましたが、10月31日に20.3期上期業績予想を上方修正したことを皮切りに急動意しております。

新たな排ガス規制導入により、社会インフラ市場で活用される産業車両の需要が増加しており、環境問題が話題の中、今後も業績寄与があるかもしれませんな。株価上昇後もPER・PBRはともに割安水準であり、8月に大株主である光通信<9435>が同社の保有株数を増やしていた事にも注目しています。

2つ目の銘柄は電子材料関連が注目されております広栄化学工業<4367>です。10月29日に発表した20.3期上期決算は経常利益が前年同期比1.4%増の9.06億円で、通期業績予想15.00億円に対する進捗率は60.4%となり、例年と比較してもまずまずの内容でした。通期業績予想の上方修正への期待も広がっております。

昨今の市場で見られる親子上場の解消へ向けた動きを思惑視して、住友化学<4005>グループにも連想買いが波及し、住友化学が同社株を55.73%保有している事から12月に入って大きく上値を伸ばしています。10月より緩やかに上昇トレンドに乗る同社ですが、依然としてPBRは割安水準を維持しており、今後は1月末の第3四半期決算発表に向けて、25日線が下値サポートに入り、再び反発もあるか監視をしていきたいですな。

3つ目の銘柄は東芝機械<6104>です。東芝<6502>がグループ再編を発表し、ニューフレアテクノロジー<6256>にTOBを行い完全子会社化する方針と伝わると、ニューフレアの大株主である同社の株価は上値を伸ばし上昇トレンドへ乗り、12月12日には3,185円を記録しています。

その後HOYA<7741>もニューフレア買収提案行い、これに対し東芝側が反発するなど先行き不透明感はあるものの、もし同社がニューフレア株を売却すれば売却益は200億ほどになると試算されておりますので、本件の先行きは気になるところです。来年4月には「芝浦機械」に社名変更する予定もあり、新たなスタートにも期待が募りますな。

4つ目の銘柄は電子部品メーカーで水晶振動子を主力とし、5G関連で注目されているリバーエレテック<6666>です。技術力の高さに定評もあり、アジア向けの受注回復が業績寄与していると見られ、11月12日発表の20.3期上期決算では営業利益・経常利益ともに前年同期に比べ赤字幅が縮小しています。

チャート(週足)では、下落トレンドが続いておりましたが10月上旬より反発し、上昇トレンドへ転換しております。5G向けの超小型水晶製品を中心に市場期待は高まっており、株価も400円台と成長余力を残しております。今後は13週線が下値サポートに入り、トレンド継続なるか注視したいですな。

5つ目の銘柄は10月25日に上場致しましたインティメート・マージャー<7072>です。データマネジメントプラットフォーム事業を中心に、マーケティングソリューションの拡販に努めており、20.9期は2期連続での過去最高益更新を見込んでいます。

今年3月には新生銀行<8303>との資本業務提携による共同研究を開始した事で、FinTech市場へのテーマ性にも注目ですな。上場しておよそ2ヶ月…チャート(日足)は上場後に売られた後、反発し、緩やかに調整しております。今後も業績好調に加え、業務提携などの発表で下値を切り上げる展開もあるかと監視中です。

最後の銘柄は「ダイワ」ブランドで知られる、釣り具で売上高世界一を誇るグローブライド<7990>です。今年の6月下旬より下落トレンドが続いておりましたが、昨今のアウトドアブームにより、同社にも恩恵があるかと監視しています。12月12日に東海東京証券はレーティングを「Outperfome(強気)」で据え置き、目標株価を4.200円から3,100円へ引き下げています。チャート(週足)では、13週線が上値を抑えていますが、月足レベルでは上昇トレンドは継続していると判断できる為、中長期で見ておきたい銘柄の一つです。


と…ここでご紹介できるのはスペースの関係もあり、以上ではありますが…他にも「注目すべき」とする銘柄は沢山ございます。お時間がありましたらブログを検索して頂ければ幸甚です。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。

----

執筆者名:有限亭玉介
ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均