市場ニュース

戻る

【特集】利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 31社選出 <成長株特集>

 本特集では、10月下旬から11月中旬までの決算集中期間に配信した「利益成長“青天井"銘柄リスト」を、“全期間”を対象に再構成した総集編をお届けします。今回は12日に配信した総集編 第1弾に続き、時価総額300億円以上1500億円未満の東証1部銘柄を対象に、19年7-9月期に四半期ベースの過去最高益を更新し、かつ今期も最高益を見込む、いわゆる利益が“青天井”状況になっている銘柄をリストアップした。

 下表では、本決算月にかかわらず、19年7-9月期に経常利益が全四半期ベースの過去最高益を上振れて更新した銘柄をピックアップ。さらに、会社側が今期(通期計画)も過去最高益見通しを示している31社を選び出し、7-9月期の過去最高益に対する上振れ率が大きい順に記した。

 上振れ率トップとなったイーレックス <9517> の19年7-9月期(第2四半期)経常利益は過去最高だった直前の4-6月期を94.0%も上回る35.4億円に拡大し、3四半期連続の最高益更新を果たした。新規パートナーの開拓が進み、家庭用など低圧小売部門の販売電力量が急増したうえ、電源調達で安価な市場取引の比率を高めたことも利益を押し上げた。絶好調な業績を背景に、株価は上場来高値圏で頑強な動きを続けている。

 2位に入ったレノバ <9519> の7-9月期(第2四半期)は主力の再生可能エネルギー事業で新たに大規模太陽光発電3施設が加わり売電収入が増加したうえ、徳島津田バイオマス事業の開発報酬を計上したことも業績拡大につながった。足もとの業績好調を踏まえ、20年3月期の経常利益を過去最高益に24.2%上方修正した。

 3位のミロク情報サービス <9928> と8位のピー・シー・エー <9629> は来年1月の「Windows7」サポート終了や消費税増税前の駆け込み需要といった特需が追い風材料になった。ミロク情報はパソコンなどの買い換え需要が旺盛だったうえ、主力の中小企業向け統合業務ソフトの販売やシステム導入支援サービスも大きく伸びた。

 一方、PCAはソフトウェア製品のバージョンアップ収入が大幅に増加したほか、働き方改革に対応した勤怠管理ソフトも好調で、7-9月期(第2四半期)は実に54四半期ぶりに過去最高益を塗りかえた。株価は利益確定売りに押される形で調整局面が続いていたが、11月中旬から切り返しに転じ、直近では2000年2月以来、約19年10ヵ月ぶりとなる5000円大台を回復している。

 選出リストでは、企業の旺盛なIT投資需要が追い風となるシステム関連会社が目立つ。4位の福井コンピュータホールディングス <9790> は建設現場の生産性向上を図るi-Constructionの普及やIT導入補助金の後押しを受けて主力の測量土木CADソフトが大きく伸びたほか、参議院選挙の出口調査システムの売り上げを計上したことも収益を押し上げた。

 6位のシグマクシス <6088> は基幹業務システム(ERP)のクラウド化サービスを立ち上げたことに加え、基幹システム更新など大規模プロジェクト管理の受注が伸び、7-9月期(第2四半期)は売上高、経常利益ともに四半期ベースの過去最高を達成した。

 続く7位のオロ <3983> は新規顧客の獲得や既存顧客との取引拡大で、クラウド型ERP(基幹業務システム)「ZAC」の稼働ライセンス数が増加し、7-9月期(第3四半期)の経常利益は過去最高益を47.6%上回る4.8億円に膨らんだ。好決算発表を受けて、株価は11月28日に上場来高値4490円まで上昇する場面があった。

 12位にリストアップされたプリント基板設計用CADシステム大手の図研 <6947> は、自動車関連や電子部品関連などの旺盛な技術革新投資を背景に、主力の電気設計システムを中心にソフト販売や派遣・受託サービスが大きく伸び、7-9月期(第2四半期)は売上高、経常利益ともに6四半期ぶりに過去最高を更新した。株価は約19年ぶりの高値圏を走る展開が続く。

           ┌─ 四半期 経常利益 ─┐ ┌── 通期 経常利益 ──┐ 予想
コード 銘柄名     上振れ率 7-9月期 過去最高 上振れ率 今期予想 過去最高  PER
<9517> イーレックス   94.0  3541   1825   58.3   7189   4540 23.2
<9519> レノバ      70.6  1711   1003   18.5   4100   3460* 25.0
<9928> ミロク情報    56.0  2404   1541   22.6   6200   5056 26.0
<9790> 福井コン     48.2  1775   1198   15.2   4780   4149 23.3
<2453> JBR      48.1   714   482    6.8   2100   1967 22.4
<6088> シグマクシス   47.8   702   475   13.5   1500   1322 39.8
<3983> オロ       47.6   487   330   11.7   1325   1186 68.4
<9629> PCA      46.1  1191   815   36.6   2435   1783 21.3
<9416> ビジョン     36.5  1338   980   30.0   3248   2499 40.0
<7419> ノジマ      27.8  8916   6978    0.7  21200  21046  8.5

<4674> クレスコ     22.1  1226   1004    4.2   3813   3658 14.9
<6947> 図研       18.4  1475   1246    0.3   3200   3191 26.3
<2445> タカミヤ     13.2  1319   1165    9.2   3630   3325 13.5
<6458> 新晃工      12.2  2628   2342   23.2   7900   6411 10.5
<2395> 新日本科学    12.0  1209   1079   24.0   2000   1613 23.4
<9739> NSW      11.3  1195   1074    3.9   3540   3407 15.5
<9619> イチネンHD    8.6  2023   1863    1.5   6440   6346  9.2
<6197> ソラスト      8.4  1393   1285   11.8   5600   5011 22.7
<8159> 立花エレ      8.4  2152   1986    0.4   7060   7033  9.2
<6544> Jエレベータ    7.7   698   648   29.9   2600   2001 69.8

<4746> 東計電算      7.0  1054   985   10.8   3598   3248 13.6
<8096> 兼松エレク     5.7  4405   4166    3.7  10500  10125 15.4
<9887> 松屋フーズ     4.7  1970   1882    1.8   5800   5697 27.1
<6539> MSジャパン    4.1   536   515   13.8   2014   1770 28.5
<8014> 蝶理        3.2  2477   2400    3.9   9000   8660  9.5
<9682> DTS       2.9  2903   2820    2.2  10150   9929 16.6
<6071> IBJ       2.7   675   657   51.6   2264   1493 29.9
<3844> コムチュア     2.0   725   711   11.6   2874   2575 37.7
<8020> 兼松        1.9  8441   8282    2.8  30000  29177  7.3
<4641> アルプス技     1.6  1103   1086    7.1   3860   3605 15.3

<2733> あらた       0.3  2710   2701    5.9  10000   9439 11.7

※「*」レノバの通期経常利益の過去最高益(19年3月期)は10ヵ月の変則決算。
※18年10月以降に上場した企業と今期見通しを開示していない企業は除いた。四半期の過去最高益は原則、四半期決算の開示が本格化した03年4-6月期以降の業績に基づいたものです。

株探ニュース

日経平均