市場ニュース

戻る

【特集】個人投資家・有限亭玉介:話題化しやすい株を狙う…監視中の銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】

BEENOS <日足> 「株探」多機能チャートより

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2019年11月20日14時に執筆


株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

この度は『話題化しやすい株を狙う…監視中の銘柄群』というテーマで寄稿させて頂きますよ。

さて、あたくしのブログでは日々「気になる銘柄」をピックアップし、その後の値動きに対する私観を交えた実況中継などを掲載しております。当記事ではここ最近注目した個別株についてザックリではありますが、ご紹介させて頂きます。

まずご紹介させて頂くのはBEENOS<3328>です。越境eコマースを主力とする同社は11月7日に19.9期決算を発表。経常利益は前期比0.9%減の17.13億円だったものの、20.9期は同75.1%増の30.00億円と過去最高益を更新する見通しとしており、決算発表後に株価は急騰しました。

11月11日の中国「独身の日」に毎年大規模なセールを行うアリババは今年も過去最高となる約4.2兆円の売上を達成しましたが、このことで同社にも思惑的な買いが入り、株価を更に押し上げました。チャートは調整を挟んだ後、同月15日のメルカリ<4385>との海外販路拡大の提携発表により、再び急伸しております。引き続き調整を挟みながら株価は上にいくか、と監視を継続しています。

2つ目の銘柄はJIG-SAW<3914>です。AI自動監視システムやクラウドやサーバー保守等を手掛ける同社は11月8日に決算を発表。解約率の低いストック型ビジネス案件の受注が伸長し、19.12期3Q(累計)の経常利益は前年同期比17.1%増の4.08億円と堅調に推移しています。

IoTサービス「neqto」は2019年設立の米国法人でイベント出展プロモーションや、同年設立のカナダ法人でもマネジメントサービスを提供しており、海外展開も順調に進行しております。11月12日に2億円を上限に自社株買いの発表をすると市場は好感し、チャートは保ち合いから上放れ、一目均衡表(日足)の雲を上抜けてきています。

3つ目の銘柄は5G関連銘柄の日本通信<9424>です。11月7日発表の20.3期上期決算は軟調な結果となりましたが、同月1日には同社の特許技術であるFinTechプラットフォーム「FPoS」の商用化へ向けて、開発製造元であるTaisys Technologiesと合弁会社設立を発表しています。スマートフォンでの安全な金融取引の実現ができるかに市場の期待は高まっているように感じますね。

また、同月15日に同社はNTTドコモ<9437>との回線レンタル料引き下げにおける協議において総務大臣裁定を申請したと発表して期待買いが入り、さらに19日には「インドネシア・日本・他国にまたがるデジタル・バンキング及び通信の共同プロジェクトを発足する事で基本合意した」と発表して株価は急騰しました。5G社会への移行を背景に話題性に富んだ同社に引き続き注目が集まるか…監視を強めたいと思います。

4つ目の銘柄は在宅介護や介護サービスを展開するツクイ<2398>です。11月11日発表の20.3期上期決算は経常利益が前年同期比27.5%減の16.81億円と減益決算ではありましたが、あく抜き的に大きく買われ安値圏から大きく窓を開けて上昇しました。

介護用の車両リースの需要拡大や、新規事業であるネット通販・フードサービス等も売上を大きく伸ばしております。同社は富士ソフト<9749>らとAIIoT活用で協定を結んでおり、人材確保が難航する介護業界で、労務管理の改善も期待できそうですな。チャートは昨年末より13週線を上値抵抗線に長らく下落トレンドでしたが、この反発により26週線をも上抜き、反発相場に入った事を示唆しています。

5つ目の銘柄はモバイルゲーム漫画動画事業も手掛けるエディア<3935>です。男性声優がイケメンキャラクターに扮してラップバトルを繰り広げるリズムゲーム「ヒプノシスマイク」の関連銘柄として、子会社がグッズ販売等に携わる同社に注目が集まっております。

10月11日の決算発表では、20.2期上期は経常利益が△0.59億円と赤字だったものの、2Q単独で見ると0.05億円と黒字転換していることが好感され、大きく窓を開け急騰しました。その後、大株主を含めた売りを浴びたものの、急騰時にあけた窓を完全に埋めずに保ち合いを形成しています。ゲーム会社である同社も「ヒプノシスマイク」の制作に何らかの関与があるのか…との思惑もあるのかもしれませんな。爆発力のあるタイトルだけに市場期待も大きく、その動向を監視しております。

最後の銘柄も「ヒプノシスマイク」関連からオルトプラス<3672>です。昨年より長らく下落トレンドであった同社ですが、9月24日に「ヒプノシスマイク」のゲーム開発に参加しているとの発表後、株価は急騰しました。その後、リリース予定が12月から3月下旬へ延期されると株価は急落しましたが、事前登録は年内に行うとの思惑が下値を支えております。

その後11月14日に発表された19.9期決算では、前期に比べ赤字幅が縮小したことが好感されて窓を開け再び急騰しており、それほどの影響力がある「ヒプノシスマイク」の動向と、同社の関係性は注意深く今後も監視する必要がありますな。


と…ここでご紹介できるのはスペースの関係もあり、以上ではありますが…他にも「注目すべき」とする銘柄は沢山ございます。お時間がありましたらブログを検索して頂ければ幸甚です。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。

----

執筆者名:有限亭玉介
ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均