市場ニュース

戻る

【材料】大気社が上げ幅を拡大、国内ビル空調伸長し上期営業利益は2.2倍

大気社 <日足> 「株探」多機能チャートより
 大氣社<1979>が後場上げ幅を拡大している。午後2時ごろに発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算が、売上高1049億7300万円(前年同期比6.2%増)、営業利益75億6000万円(同2.2倍)、純利益53億7100万円(同5.9倍)と大幅増益となったことが好感されている。

 国内でビル空調分野や産業空調分野が伸長したことが牽引。また、前年同期は北米のプロジェクトで採算が悪化した影響があったが、今期はその影響が解消されたことも利益押し上げに寄与した。

 なお、20年3月期通期業績予想は、売上高2390億円(前期比6.0%増)、営業利益146億円(同4.0%増)、純利益97億円(同9.7%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均