市場ニュース

戻る

【特集】「ラグビーワールドカップ」が23位、ロシア戦快勝で関心高まる<注目テーマ>

TOPIX <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 電線地中化
2 5G
3 人工知能
4 キャッシュレス決済
5 バイオテクノロジー関連
6 水素
7 ソーシャルゲーム
8 TOPIXコア30
9 JPX日経400
10 ドローン

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「ラグビーワールドカップ」が23位にランクインしている。

 9月20日に「ラグビーワールドカップ(ラグビーW杯)日本大会」が開幕。開幕戦の日本対ロシアで日本が30対10で快勝し、日本テレビ系で放送された試合の関東地区における平均視聴率が18.3%(ビデオリサーチ調べ)と盛り上がりをみせていることが、関連銘柄への関心を高める背景にあるようだ。

 ロシア戦では、東京スタジアム(東京都調布市)の観客席には日本代表のレプリカジャージを着た観客が多くみられたことから、予想よりも人気が高まっているとの見方が強まっている。更に28日には、日本代表が世界ランキング2位(9月23日現在)のアイルランドと対戦することから、関連銘柄に再び関心が高まってくるとの期待もあるようだ。

 関連銘柄の動きとしては、日本代表にジャージを提供するカンタベリーオブニュージーランドジャパンを子会社に擁するほか、レプリカジャージも販売するゴールドウイン<8111>が連日の上場来高値更新。英国風パブを展開するハブ<3030>も来客増の思惑から買われ、24日には18年2月以来、約1年7カ月ぶりの高値を付けた。この日は両銘柄をはじめ、関連銘柄の多くは落ち着いているものの、引き続き注目が必要だ。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均