市場ニュース

戻る

【市況】マザーズ先物見通し:米国株の大幅安などを背景に投資マインド悪化

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

本日のマザーズ先物は、世界的な景気後退に対する懸念から株安連鎖の流れを受けて、ナイトセッションに引き続き売りが先行して始まりそうだ。前日の米国市場では、長期金利が低下し、米国債イールドカーブ(長短金利差)が逆転したことで世界経済減速への警戒感が高まり、投資家心理悪化に拍車が掛かり、NYダウは800ドル超下落するなど今年最大の下げを記録。また、欧州株も下落するなど、世界的な株安連鎖の流れが波及し、個人投資家のマインドに大きく影響するなかで、マザーズ先物に対するヘッジ売りなどの動きも増加しそうだ。また、国内外の投資家が夏休み入りしており、市場参加者が少ないなかで、短期筋による売り仕掛け的な動きに対する警戒感も根強く、積極的な押し目買いも入れにくい地合いとなろう。個別では、全面安商状が想定されるなか、前日の大引け後に発表した第1四半期決算にて、税引前損益が黒字に転換したサイバーダイン<7779>の市場反応に注目が集まろう。上値のメドは850.0pt、下値のメドは830.0ptとする。
《SK》

 提供:フィスコ

日経平均