市場ニュース

戻る

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 マーケットE、アエリア、ジーエヌアイ (14日大引け後 発表分)

マーケットE <日足> 「株探」多機能チャートより

 14日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 マーケットE <3135> [東証M]  ★今期経常は32%増で2期連続最高益更新へ
 ◆19年6月期の連結経常利益は前の期比4.8倍の4.5億円に伸びて着地。続く20年6月期も前期比32.3%増の6億円に拡大し、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期は前期下期に大きく収益貢献したオウンドメディアが通期寄与するほか、2月に承継した買取一括査定サービス「おいくら」とのシナジーで買取件数の増加を見込み、売上高は前期比18.0%増の100億円を目指す。

 ジーエヌアイ <2160> [東証M]  ★上期税引き前が9.4倍増益で着地
 ◆19年12月期上期(1-6月)の連結税引き前利益は前年同期比9.4倍の6億円に急拡大して着地。中国で主力の特発性肺線維症治療薬「アイスーリュイ」の販売拡大が継続したうえ、米子会社では医療機器の販売が伸び、58.4%の大幅増収を達成したことが寄与。
  通期計画の7.4億円に対する進捗率は81.3%に達しており、業績上振れが期待される。

 オリコンHD <2498> [JQ]  ★10-6月期(3Q累計)経常49%増益、対通期計画95%進捗
 ◆19年9月期第3四半期累計(18年10月-19年6月)の連結経常利益は前年同期比48.8%増の19.2億円に拡大して着地。防災・減災関連やインフラ維持整備などの手持ち案件が順調に進み、18.4%の大幅増収を達成したことが寄与。
  通期計画の20.3億円に対する進捗率は94.8%に達しており、業績上振れが期待される。

 アエリア <3758> [JQ]  ★今期経常を50%上方修正・12期ぶり最高益更新へ
 ◆19年12月期上期(1-6月)の連結経常利益は前年同期比13.1%増の17.4億円に伸びて着地。スマートフォン向けゲーム「A3!」「蒼焔の艦隊」の課金収入が好調だったことに加え、昨年6月に買収したサイバードの業績が通期寄与したことも収益を押し上げた。
  併せて、通期の同利益を従来予想の20億円→30億円に50.0%上方修正。増益率が23.8%増→85.8%増に拡大し、12期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。

 アミューズ <4301>   ★4-6月期(1Q)経常は89%増益、通期上方修正
 ◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比88.6%増の30.1億円に拡大して着地。サザンオールスターズをはじめとする大型コンサートツアー開催でイベント収入が増加したうえ、コンサート関連グッズや音楽パッケージの販売も好調だった。利益率の高いCM収入が伸びたことも大幅増益に貢献した。
  業績好調に伴い、通期の同利益を従来予想の37.7億円→43.5億円に15.4%上方修正。減益率が18.2%減→5.7%減に縮小する見通しとなった。

 レアジョブ <6096> [東証M]  ★4-6月期(1Q)経常は13倍増益で着地
 ◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比13倍の5100万円に急拡大して着地。英会話学習ニーズが高まるなか、マーケティング強化などが奏功し個人向け会員数が増加したほか、営業体制の強化により法人・教育機関向けも拡大し、26.1%の大幅増収を達成したことが寄与。
  併せて、発行済み株式数の2.29%に相当する10万5000株(金額で1.9億円)を上限とする自社株買いの実施を発表。株主還元の拡充を好感する買いも期待される。

 エードット <7063> [東証M]  ★今期経常は63%増で6期連続最高益更新へ
 ◆19年6月期の連結経常利益は前の期比36.9%増の1.6億円に伸びて着地。続く20年6月期も前期比63.5%増の2.7億円に拡大し、6期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期もセールスプロモーションやPR支援などを展開するブランディング事業で既存クライアントなどの案件受注が拡大し、29.0%の大幅増収を見込む。

株探ニュース

日経平均