市場ニュース

戻る

【材料】富士ソフトが買い気配、1-3月期(1Q)経常は32%増益で着地

富士ソフト <日足> 「株探」多機能チャートより
 富士ソフト <9749> が買い気配でスタート。9日大引け後に発表した19年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益が前年同期比32.1%増の39.9億円に拡大して着地したことが買い材料視された。

 自動車関連やFAなどの機械制御系ソフト、金融・製造業やインターネット関連向け業務ソフトの受注が好調だったことが寄与。ライセンス販売や利益率の高いグループ会社製品の販売が伸びたことも大幅増益に貢献した。上期計画の56億円に対する進捗率は71.3%に達しており、業績上振れを期待する買いが向かった。

株探ニュース

日経平均