市場ニュース

戻る

【材料】木曽路<8160>のフィスコ二期業績予想

木曽路 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年10月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

木曽路<8160>

3ヶ月後
予想株価
2,750円

しゃぶしゃぶと日本料理の「木曽路」や居酒屋「素材屋」、焼肉「じゃんじゃん亭」等を展開。9月末時点の店舗数は165。19.3期上期は4店の新規出店が寄与。機械化と情報シス テムの活用等で販管費率低下。

19.3期は積極的な新規出店と業態開発に注力。主力の木曽路はメニュー拡充等が奏功。勤務シフトの見直しや消耗品等の経費管理も進める。株価は業績の進捗とともに緩やかに持ち直しへ。年間配当予想2円増配も後押し。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期単/F予/45,500/2,500/2,550/1,450/56.79/23.00
20.3期単/F予/47,000/2,600/2,650/1,500/58.75/23.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/30
執筆者:NI

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均