市場ニュース

戻る

【特集】「金」関連への注目度上昇、中国株安やサウジ情勢緊迫化で物色機運も<注目テーマ>

TOPIX <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10

1 人工知能
2 QRコード
3 セルフレジ
4 電子マネー
5 5G
6 サイバーセキュリティ
7 電子決済代行サービス
8 RPA
9 消費税増税メリット
10 TOPIXコア30

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「金」が第25位にランクしている。

 足もとで金価格が反発基調にある。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物価格は1トロイオンス1230ドル前後と9月下旬の安値から4%前後上昇している。米国の金利先高観が強まるなか、金価格は軟調だったが、足もとで中国株式市場の下落が警戒されているほか、サウジアラビア記者の殺害疑惑でサウジと米国の関係に緊張感が高まっている。これに伴うリスク回避姿勢の高まりとともに、一部資金が金への投資に向かっている様子だ。金市況はながく弱含みで推移してきただけに下値不安は乏しく、来月の米中間選挙やイタリアなど欧州情勢などの行方次第では、一段と上値を切り上げる可能性もある。

 金関連株では、住友金属鉱山<5713>や三井金属<5706>など非鉄株、住友商事<8053>など商社株、それに貴金属のリサイクル事業などに絡む松田産業<7456>やアサヒホールディングス<5857>、アサカ理研<5724>などの動向が注目される。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均