市場ニュース

戻る

【特集】「電子決済代行サービス」関連がランクイン、消費増税対策としてキャッシュレス決済に脚光<注目テーマ>

TOPIX <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 人工知能
2 セルフレジ
3 QRコード
4 5G
5 消費税増税メリット
6 電子マネー
7 サイバーセキュリティ
8 RPA
9 全固体電池
10 TOPIXコア30

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「電子決済代行サービス」関連が14位にランクインしている。

 電子決済代行サービスは、クレジットカード決済やコンビニエンスストア決済、携帯キャリア決済などさまざまな決済を一括の契約とシステムで導入できるサービスのこと。EC(電子商取引)市場の拡大に伴い、電子決済代行サービス市場も年率2ケタペースで増加している。また、安倍首相が15日の臨時閣議で、消費税率を2019年10月1日に予定通り8%から10%に引き上げる方針を表明したなかで、増税対策として中小小売店での買い物で現金を使わないキャッシュレス決済を利用した消費者に、2%の増税分をポイントで還元する制度の検討を打ち出したことが注目を集めている。

 JR東日本<9020>は16日、赤羽駅(東京都北区)のホームで、人工知能(AI)を活用した無人決済店舗を公開した。都内の駅では初めての試みで、17日から2カ月程度、実験営業を行うという。赤羽駅の店舗では、客が店内で手に取った商品を、天井や棚に設置したカメラで自動認識し、決済ゾーンに進むとディスプレーに商品名や金額を表示するしくみ。端末に客が「Suica」などの交通系電子マネーをかざして代金を支払うと出口が開く。決済の短時間化による利便性の向上などが目的としている。

 一方、ソフトバンクグループ<9984>とヤフー<4689>は、5日からコード決済サービス「paypay(ペイペイ)」の提供をスタートした。両社が設立した合弁会社のpaypayを通じて展開し、業種を問わず日本全国の“現金決済が行われている場”に提供し、加盟店とユーザー数で日本ナンバーワンを目指す。

 このほか、関連銘柄としては、消費者向けEC業者に決済処理サービス提供するGMOペイメントゲートウェイ<3769>に注目。同社は豊富な実績を背景に、顧客の利益を最大化できる決済プラン(クレジットカード決済や後払い、コンビニ決済など)を提案しサポートしている。さらに、コンビニなどでの決済代行大手で、代金決済・電子請求・電子決済や、携帯認証ソリューションの開発・提供を手掛けているウェルネット<2428>もビジネスチャンスが拡大している。

 また、EC事業、Paid事業、売掛債権保証事業の3つを手掛け、主力のEC事業では、小売店と全国のメーカーを結ぶファッション・雑貨の卸しや仕入れに関する企業間電子商取引サイト「スーパーデリバリー」を運営するラクーン<3031>、インターネット決済サービスの収納代行のビリングシステム<3623>、総合型情報処理サービス企業で、コンビニ収納代行サービス、ゆうちょ振替MT代行サービス、クレジットカード決済サービス、モバイル決済サービスといった収納代行サービスも手掛けている電算システム<3630>などにも注目したい。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均