市場ニュース

戻る

【通貨】ユーロ週間見通し:下げ渋る展開か、EU離脱合意への期待持続

ユーロ円 <日足> 「株探」多機能チャートより

■強含み、英国のEU離脱交渉の進展を好感

先週のユーロ・ドルは強含み。イタリアの財政懸念や8月の独鉱工業生産が落ち込んだことで、ユーロ売りが先行した。しかしながら、英国と欧州連合(EU)が離脱条件で近く合意するとの報道が好感されたほか、トランプ米大統領が連邦準備制度理事会(FRB)の利上げに不満を再表明したことから、ユーロ買いが優勢となった。取引レンジ:1.1432ドル-1.1610ドル。

■底堅い展開か、米大統領の利上げ批判でユーロ売り抑制も

今週のユーロ・ドルは底堅い展開か。イタリアの財政赤字をめぐる同国と欧州連合(EU)の対立は解消されていないものの、英国のEU離脱に関する合意が見込まれていることから、ユーロ買いがやや優勢となりそうだ。トランプ米大統領が連邦準備制度理事会(FRB)による利上げを批判していることもユーロに対する支援材料となる見通し。

予想レンジ:1.1500ドル-1.1700ドル

■下落、イタリア債務問題に対する警戒感残る

先週のユーロ・円は下落。イタリア政府の予算案をめぐり欧州連合(EU)との意見の相違が明らかになったことで、イタリアの債務格付け引き下げやEU離脱への警戒感からユーロ売りになった。米ドル・円相場が円高方向に振れたことも影響した。取引レンジ:129円21銭-131円25銭。

■下げ渋る展開か、EU離脱合意への期待持続

今週のユーロ・円は下げ渋る展開か。欧州連合(EU)と英国は、離脱を巡って解決すべき問題は残されているものの、合意形成への期待は持続している。米長期金利が伸び悩んだ場合、ユーロ買い・米ドル売りが優勢となり、この影響でユーロは対円でやや強い動きを見せる可能性がある。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
・16日:8月貿易収支(7月:+176億ユーロ)

予想レンジ:129円00銭-131円00銭

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均