市場ニュース

戻る
2018年09月16日12時12分

【材料】沖電気工業<6703>のフィスコ二期業績予想

OKI <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年9月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

沖電気工業<6703>

3ヶ月後
予想株価
1,500円

銀行ATMや航空管制システム、公共交通機関の自動券売機、ETCシステム等を手掛ける。情報通信技術とメカトロニクス技術が柱。19.3期もATMの販売が海外で伸び悩み。情報通信事業は大型案件剥落も堅調推移。

EMS事業は順調に拡大。情報通信事業では、既存事業で安定収益を確保しながら、新規事業への投資を行う。ATM市場は中国やブラジルなどでの販売が伸び悩み。プリンター事業の構造改費用なくなる。海外でリストラへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/450,000/14,000/13,000/5,000/57.81/50.00
20.3期連/F予/460,000/15,000/15,000/7,000/80.91/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/09/02
執筆者:YI

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均