市場ニュース

戻る

【市況】個人投資家PIPE-gii:独自総合指数で今週を分析!!【FISCOソーシャルレポーター】

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家PIPE-gii氏が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人と連携し、より多様な情報を投資家に向けて発信しております。
-------
※2018年7月23日8時半に執筆

■算出根拠となる独自総合指数値は、2.855(前日比↓) :(前日2.882)
◆米10年債金利:2.895(前日比↑)
◆米2年債金利:2.595(前日比↑)
◆米10・2年債金利差:0.300(前日比↑)
◆日米10年金利差: 2.862(前日比↑)
◆ドル円: 111.40円(前日比↓)
◆NY金:1,231.90(前日比↑)
◆日経225先物: 22,520円(金曜日15時比↓150円)

■今週の日経平均株価予想(7月23日~7月27日)
始値:22,550円(先週末比↓)
高値:22,750円(先週末比↓)
安値:22,000円(先週末比↓)
終値:22,350円(先週末比↓)

■今週の日経平均株価予想
NY市場の米10年債金利は上昇、ドル円は下落、NY金は上昇。独自総合指数は2.855(前日比↓)と低下。朝7時の日経225先物は22,520円(金曜日15時比↓150円)辺りで始まる。始値は前日終値比150円安の22,550円辺りで始まり、高値は22,750円辺りと予想。高値圏では、利益確定売りで上値は重いでしょう。週間の安値は22,000円辺りまで下げる場面もあると見ていますが、安値圏では、押目買いと個別物色が期待できるでしょう。終値は、下げ幅を縮めて22,350円辺りまで戻すと想定。日足チャートの5日移動線は22,699円辺りで下方向に進行、25日移動線は22,336円辺りで下方向に進行、38週移動線は22,403円辺りで横方向に進行。先週は23,000円辺りを上抜けできずトリプルトップを形成してくる可能性もありそうです。日足チャートを見ると、年初来高値(1/23日)から直近高値(6/13日)を結んだ高値線が切りさがるのと、年初来安値(3/26日)から直近安値(7/5日)を結んだ安値線が切り上がった辺りが、22,250円辺りを中心に長期移動線が接近して三角保合の形状になりそうです。この節目ラインの22,250円辺りで自律反発出来るか見極めたいところでしょう。日経平均株価の高値目安は22,750円辺り、安値目安は22,000円辺りと予想しています。
◆今週は、26週移動線(22,192円)の上部でもみ合うと想定するものの、円高進行時に日足が26週移動線(22,192円)を下回る様だと52週移動線(21,674円)辺りまで調整する場合もありそうです。

■今週のドル円予想
上限値111.80 円~下限値109.80円レンジ!!
◆先週は、高値は113.14 円、安値は111.44 円、終値は111.47 円、週足では陰線週足で値幅は-1.67円の1週間でした。本日朝6:00時点は111.40 円辺りで始まり、独自総合指数値は2.855(前日比↓)と低下、米10年債金利とNY金価格は共に上昇。高値は111.80 円辺り、安値は109.80 円辺りと予想。日足チャートの15日移動線は111.72円辺りで抵抗線に変化、3日移動線は111.47円辺りで下方向に進行、52週移動線(110.44円)が横方向で支持線を継続、この52週移動線の上部でもみ合うと想定。終値で30日移動線(110.88円)を上回って終わることが出来るかがポイントになるでしょう。高値目安は15日移動線近辺の111.80 円辺り、安値目安は18週移動線が切り上がった109.80円辺りと予想しています。
◆今週は、経済指標の発表内容、25日に米EU首脳会談でのトランプ大統領の発言内容次第では、大きく動く場面もありそうです。

(注)米長短金利差は、米国金融政策と米国経済に敏感に反応して動き、米景気の先行指標と言われています。ドル円と米長短金利差では、概ね米長短金利差が先行して動き、ドル円との乖離幅は時間とともに収斂してどちらかに接近します。
---------
執筆者:PIPE-gii
ブログ:独自総合指数で金融市場を分析する!!
※毎朝8時半前後に更新

《HT》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均