市場ニュース

戻る

【材料】ベクター反落、オンラインゲーム事業の販売減で第1四半期営業6200万円の赤字

ベクター <日足> 「株探」多機能チャートより
 ベクター<2656>が反落している。同社は20日取引終了後に、19年3月期第1四半期(4~6月)の単独決算を発表。営業損益が6200万円の赤字(前年同期は3800万円の赤字)となったことが嫌気されているようだ。

 営業収益は2億4300万円(前年同期比14.3%減)で着地。ブラウザゲームの「三国ベースボール」「リグレティア」「クリプトアイランド」、スマホゲーム「B.LEAGUE ドリームアリーナ」の運営終了などにより、主力のオンラインゲーム事業の販売額が1億5100万円(同15.1%減)となったことなどが影響した。なお、これまで非開示としていた第2四半期累計の営業損益予想は1億6000万円の赤字になる見通しだとしている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均