市場ニュース

戻る

【材料】電気興業<6706>のフィスコ二期業績予想

電気興 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年6月20日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

電気興業<6706>

3ヶ月後
予想株価
3,450円

大型通信アンテナの製造・工事が主力。防災行政無線や消防救急無線、LED航空障害灯も手掛ける。全周波数帯に対応可能な技術力が強み。電気通信関連事業は堅調。多周波共用アンテナは需要続く。18.3期は大幅増益。

固定無線関連分野は防災行政無線需要が継続。高周波誘導加熱装置は受注回復。熱処理受託加工は堅調。19.3期は2桁最終増益見通し。営業利益率の鈍化懸念が重しだが、PBRは1倍割れ。当面の株価は堅調推移想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/45,000/1,600/1,850/1,250/102.28/45.00
20.3期連/F予/46,500/1,800/2,050/1,350/110.47/45.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/06/20
執筆者:YK

《DM》

 提供:フィスコ

日経平均