市場ニュース

戻る

【材料】持田製薬<4534>のフィスコ二期業績予想

持田薬 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年6月15日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

持田製薬<4534>

3ヶ月後
予想株価
8,100円

製薬会社中堅。高脂血症治療剤が主力。ヘルスケア事業も。循環器や産婦人科、精神科など重点領域に経営資源集中。ヘルスケア事業はマーケティング強化。抗うつ剤「レクサプロ」等は売上増。18.3期は増収増益。

19.3期は増収計画。抗悪性腫瘍剤「ドキシル」が通期寄与。その他新薬の伸長も見込む。収益面は薬価改定等による売上原価率の上昇が響く見通し。PBRは1倍台。収益鈍化懸念により、今後の株価は上値の重い展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/110,000/7,000/7,300/6,400/322.38/160.00
20.3期連/F予/113,500/8,000/8,300/6,800/342.53/160.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/06/15
執筆者:YK

《DM》

 提供:フィスコ

日経平均