市場ニュース

戻る
2018年06月29日18時15分

【テク】日経平均テクニカル:小幅反発、売り方ペースの相場展開続く

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

29日の日経平均は3日ぶりに小幅反発。25日線の下降を反映して上値は重く、5日線を一時上回る場面もあったが値を保てなかった。一方、75日線割れの後からプラス圏に浮上し、底堅さも確認された。ローソク足では寄り値と引け値がほぼ同水準で長い下ひげを伴っており、今後の株価下落が警戒される。週足では212.32円安と2週連続で下げ、売り方ペースの相場展開が続いている。一目均衡表では、日々線とその上にある基準線と転換線がいずれも雲中で推移し、上値は重かった。遅行線と株価に対するマイナス乖離幅が縮小し、売りシグナルは弱まったが、大勢では売り方優位が継続した。ボリンジャーバンドでは、日々線は-2σから-1σのレンジ内に収まり、積極的に上下どちらかに動く雰囲気は乏しかった。
《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均