市場ニュース

戻る

【特集】三和HD Research Memo(8):2019年3月期は前期比2円増配の32円配の配当予想を公表

三和HD <日足> 「株探」多機能チャートより

■株主還元

三和ホールディングス<5929>は株主還元を配当によることを基本としている。その実施に当たっては、企業体質の改善、経営基盤の強化を図りつつ、企業価値増大に向けた経営をさらに推進するため安定した配当性向を維持し、連結業績に連動した利益配分を行うことを基本方針としている。具体的な基準としては、親会社株主に帰属する当期純利益に対する配当性向35%を目安とすることを明言している。

2018年3月期については、従来からの予定どおり30円配(中間配15円、期末配15円)の配当を行うことを決定した。配当性向は37.1%となる。

2019年3月期については、前期比2円増配の32円配(中間配16円、期末配16円)の配当予想を公表している。親会社株主に帰属する当期純利益の1株当たり利益は91.56円であり、これに基づく配当性向は34.9%となる。

自己株取得については、2014、2015、2017年度に50億円ずつ実行し、取得後に消却している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《MW》

 提供:フィスコ

日経平均