市場ニュース

戻る
2018年06月26日14時30分

【材料】ソリトンが4日ぶり反発、米ファントム社と提携しセキュリティー運用自動化のプラットフォーム提供

ソリトン <日足> 「株探」多機能チャートより
 ソリトンシステムズ<3040>が4日ぶりに反発している。この日、米ファントム社(カリフォルニア州)と提携し、セキュリティー運用自動化のPhantom platformを提供すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 ファントム社が提供するセキュリティーオートメーション・オーケストレーションプラットフォームは、例えばマルウェアかどうかの判断を自動化しセキュリティー製品間の連携を効率化させることで、これまで担当者が30分かかっていた作業を40秒に短縮できるという。また、ソリトンでは従来提供していた米ルッキンググラス社(バージニア州)の脅威情報サービスを連携できるAppsの開発も行うとしており、自社で販売・開発するサイバーセキュリティー製品・サービスのさらなる運用効率の向上を目指す方針だ。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均