市場ニュース

戻る

【市況】マザーズ指数は大幅続落、リスク回避姿勢が強まり直近IPO銘柄が総じて売りに押される/マザーズ市況

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

 本日のマザーズ市場では、買い先行となったものの、米中貿易摩擦への懸念などから日経平均が弱含むとともにリスク回避の売りが出る展開。後場にかけてマザーズ市場では一段とリスク回避姿勢が強まり、マザーズ指数は3%の下落で取引を終えている。なお、マザーズ指数は大幅続落、売買代金は概算で1051.05億円。騰落数は、値上がり39銘柄、値下がり212銘柄、変わらず4銘柄となった。
 個別では、リスク回避の流れから売買代金トップのメルカリ<4385>が6%安となった他、ZUU<4387>、ログリー<6579>、HEROZ<4382>、ラクスル<4384>など直近IPO銘柄が総じて売りに押される展開となった。その他、サンバイオ<4592>も地合いの影響に加えて、ゲノム編集規制に関する一部報道で過度に警戒感が高まったもようで大きく売られる展開に。その他ALBERT<3906>、ミクシィ<2121>、グレイステクノロジー<6541>など売買代金上位は全般軟調。一方、ライトアップ<6580>やシェアリングT<3989>が逆行高となった。
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均