市場ニュース

戻る
2018年05月30日17時15分

【通貨】外為サマリー:1ドル108円70銭台で推移、イタリア国債の反発でユーロに買い

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 30日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=108円71銭前後と、前日午後5時時点に比べ3銭程度のドル安・円高となっている。

 欧州時間のドル円相場は底堅く、108円70銭台を中心にもみ合う展開。時間外取引でNYダウ先物がプラス圏で推移し、米10年債の利回りが上昇していることがドルの下支えとなっているようだ。政局不安を背景に足もとで売りが目立っていたイタリア国債が反発していることでリスクオフムードはいったん後退しており、ユーロは対ドルや対円で買い戻しが活発化している。

 ユーロは対円で1ユーロ=126円09銭前後と同30銭強のユーロ高・円安。対ドルでは1ユーロ=1.1604ドル前後と同0.0030ドル強のユーロ高・ドル安で推移している。



出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均