市場ニュース

戻る

【材料】月島機械が後場一段高、京都市と下水汚泥固形燃料化事業で基本契約締結

月島機 <日足> 「株探」多機能チャートより
 月島機械<6332>が後場一段高となっている。同社はきょう、グループの月島テクノメンテサービスと特別目的会社「バイオコール京都鳥羽」を設立し、京都市と「鳥羽水環境保全センター下水汚泥固形燃料化事業」に関する基本契約を締結したことを明らかにした。

 この事業は、京都市が鳥羽水環境センターでバイオマス資源である下水汚泥から燃料化物を製造し、石炭の代替燃料として有価で供給する事業。同社グループが21年3月までに施設を設計・施工し、21年4月から41年3月までの20年間にわたって同施設の維持管理・運営および固形燃料の買い取りを行う。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均