市場ニュース

戻る
2018年05月17日16時14分

【特集】USENNEX Research Memo(8):ワークスタイルの変革に合わせ徹底対策

USENHD <日足> 「株探」多機能チャートより

■情報セキュリティ

USEN-NEXT HOLDINGS<9418>は個人情報保護の体制強化と教育を継続して実施しているが、完全な保護を保証できるものではなく、外部からの不正アクセスやシステム不具合、内部犯行、人的ミス、預託先や提供先の管理ミスなどによる個人情報漏洩のリスクは常に存在している。このため同社は、より積極的な情報セキュリティ対策として、情報システムをデータセンター内で管理し、ファイアウォールの構築とWebアプリケーションの脆弱性診断を継続して実施している。また、働き方改革の一環として個人にノートパソコンとスマートフォンを配布しているが、ノートパソコンはセキュリティチップ(TPM)を搭載したものを使用することで、またスマートフォンはモバイル端末管理(MDM)を利用することで、セキュリティリスクを大きく減じている。


■後発事象
新事業セグメントについて
同社は2018年5月10日に開示した2018年8月期第1四半期決算より新たな事業セグメントを採用している。2017年12月期は期中に経営統合を行った関係もあり旧U-NEXT及び旧USENの事業セグメントをそのまま列記していたが、グループの各事業属性に合わせて新たなセグメント区分を設定した。具体的には、旧U-NEXTのコミュニケーションネットワーク事業と旧USENのICT事業を一括りにして通信事業とし、従来その他事業としていた集客支援事業及びエネルギー事業を独立区分するとともに、子会社であるユーズミュージックとUSENテクノサービスが行っている事業を旧音楽配信事業へ括りなおし店舗サービス事業と改称している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均