市場ニュース

戻る

【特集】明光ネット Research Memo(5):豊富な手元キャッシュと実質無借金経営が続いており財務内容は良好

明光ネット <日足> 「株探」多機能チャートより

■事業概要

3. 財務状況と経営指標
明光ネットワークジャパン<4668>の2018年8月期第2四半期末の財務状況を見ると、総資産は前期末比120百万円増加の19,434百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産では現預金が69百万円増加した一方で、有価証券が200百万円、売掛金が102百万円減少した。また、固定資産ではのれんが193百万円、長期預金が99百万円減少した一方で、保有有価証券の時価上昇等により投資有価証券が696百万円増加した。

負債合計は前期末比418百万円減少の4,479百万円となった。流動負債では未払法人税等が467百万円、前受金が278百万円減少し、固定負債では繰延税金負債が199百万円増加した。また、純資産は前期末比539百万円増加の14,955百万円となった。利益剰余金が152百万円増加したほか、その他有価証券評価差額金が380百万円増加した。

経営指標を見ると、負債の減少により自己資本比率が前期末の74.5%から76.8%に上昇したほか、有利子負債比率も0.5%と実質無借金経営を維持しており、財務内容は良好な状態が続いていると判断される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均